2013/12/21

我が家に MacBook Air がやってきた


諸事情あり、MacBook Air を購入しました。スペックは、Core-i5 + メモリ 8GB + SSD 256 GB です。週半ばには到着していたのですが、時間もなかったこともあり週末に開封していろいろ設定をしてみました。

Windows 95 の時代から Windows を 20 年近く使ってきたユーザーが、MacBook Air 使ってみた感想などを書いてみたいと思います。

2013-12-21_10.45.47.png

MacBook Air のよいところ

■完成度が高い

MacBook Air は、ハードから OS にいたるまで、Apple が手がけているので完成度が高いですね。基本的なところの操作が Windows と異なることもあり、最初は戸惑いますが、慣れてくるとよくできているなと感じます。当たり前のことかもしれませんが、ハードとの相性による問題などが全くないのはよいことです。

■フォントがきれい

よく言われていることですが、Windows と比べると、例え高解像度の Windows 端末と比べても、MacBook Air の方がフォントがきれいですね。Retina ディスプレイだとさらにフォントがきれいになるというのですからどうなっているのでしょう?ただ、iPad Air を使った感じではそれほどフォントがきれいだと感じなかったので不思議な感じはしています。

■マルチタッチジェスチャーがよい

MacBook Air のマルチタッチジェスチャーいいですね。スクロールやスライドをタッチパッドで簡単にできるのは大きな利点です。これなら確かにマウスは不要かもしれませんね。

■Office スイートが最初からインストールされている

Pages, Numbers, Keynote といった Office スイートが最初からインストールされているのはありがたいです。まあ、これはごく最近にそうなったようなので、恩恵を受けているユーザーはまだ少ないかもしれませんが。

Linux をベースとしている → UNIXのようですね

これは評価が分かれるところなのかもしれませんが、Linux をベースにしている UNIX なのに、一般ユーザーに Linux UNIX を全く感じさせないのはよくできていると思います。Linux をベースとしているので、ユーティリティにターミナルがあり、サーバーに簡単に SSH 接続できるのはとてもよいです。

■Xcode が使える

Mac 最大のメリットというか、なんというか。制約を外したら Mac が売れなくなっちゃうから仕方ないのですが、Windows でも使えるようになりませんかね。

MacBook Air の不満なところ

■統計情報をデフォルトで Apple に送信してしまう

最初のセットアップ画面でデフォルトで進めてしまうと、Apple に操作記録などの統計情報を送信するオプションがデフォルトでチェックされています。あ、と気がついたときは遅くて、セットアップ後に解除できましたが、統計情報の送信はあくまでオプトイン(ユーザーが意識的に許可)の場合に限るべきでしょう。

■右クリックがない

右クリックがないのは非常に不便です。操作したいのは、「そのファイル」なのです。いちいち別メニューから操作するのは面倒です。control + クリックで右クリックメニューが出るのは後で気がつきましたが、ちょっとよろしくないですね。

→ 2本指クリックで右クリックになるんですね。

■タップがクリックにならない

タッチパッドを何度もタップしたけどクリックにならないので、最初壊れているのかと思いました。Mac ではカチッとクリックしないとクリックしないのですね。これもちょっといただけないです。

→ 設定で変えられるようです。

■ファンクションキーが fn キーと組み合わせないと使えない

ファンクションキーなんて一般のユーザーは使わないということなのでしょうが、ユーザーがよく使う機能をファンクションキーに割り当ています。そして、実際のファンクションキーは、fn + ファンクションキーになっているのですが、漢字変換がとてもやりづらいです。漢字変換でファンクションキーは多様するので、ちょっとストレスですね。

→ 設定で変えられるようです。

■アプリのインストールの度にパスワードを求められるのがうっとうしい

セキュリティ上の理由でしょうが、アプリをインストールする度にパスワードを求めてくるのはうっとうしいです。Windows の UAC (User Account Control) の方がよっぽどマシかと思います。また、認証元が不明なアプリはデフォルトでインストールできないのも分かりづらいです。

■標準でウイルス対策ソフトがインストールされていない

これは Windows に対して大きなビハインドかと。Windows Defender は性能が高いとまでは言いませんが、一定水準の機能は持っているので、意識の低いユーザーであっても保護されます。まあ、SOPHOS が個人用途なら無料でインストールできるようなので、それをインストールすればいいのですけどね。

■スペックが低い

MacBook Air は、本来はモバイル用途で、CPU が Core-i5 1.3GHz なのですからスペックを求めても仕方ないのですが、ちょっと動作が遅いですね。比べている対象が VAIO Pro 13 (Core-i7) というのがいけないのですが、サイトの読み込み速度で若干ストレスを感じます。

まとめ

いろいろ書いてきましたが、なんだかんだ言っても、Macbook Air はよくできた端末だと思います。情報も以前と比べれば多く問題も簡単に解決できるようになっています。Mac だからユーザーが少ないという理由で選択しないということは、もうしなくてもいいと思います。あ、Microsoft Office を多用する場合は例外です。

私も、もう少し使い込んでみたいと思います。メインマシンになるかどうかは、それからですね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

Linuxベースとありますが、いつからLinuxベースになったのでしょうか?
Mac OS X は、Leopard(10.5)から正式にUNIXになったはずなのですが、もしかして、UNIXとLinuxの違いもご存知ないのでしょうか?

タップと fn は設定で変えられますよ

>>通りすがりの者さん
Mac OS X は、UNIX でしたか。Mac はあまり注意してウォッチしてなかったので勘違いしてました。

>>名無しさん
設定で変えられるんですね。情報ありがとうございます!

右クリックは2本指クリックです。他にもいろいろあるので慣れていきましょう。

>>名無しさん
右クリックは2本指クリックなんですね。できました。これはなかなか気がつきませんねw

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから