2013/12/04

CentOS 6 のサポート期限は 2020 年 11 月まで(PHP 5.3 もね)


PHP 5.3 は 2014 年春にサポート完全終了らしい(追記あり)

上記のエントリーを書いたおかげで、CentOS 6 標準リポジトリの PHP 5.3 は、Red Hat Enterprise Linux のチームがパッチをバックポートしてサポートしてくれることが分かりました。

では、標準リポジトリがいつまでサポートされるのかが気になるところです。

Red Hat Enterprise Linux は、5/6 のバージョンについては、10 年間のサポートを提供するとのこと。5 は 2017 年、6 は 2020 年までサポートが提供されるようです。

CentOS は、当然のように Red Hat Enterprise Linux に従うようです。下図のように、5 は 2017 年、6 は 2020 年までサポートが提供されます。

pic01 
21. What is the support ''end of life'' for each CentOS release?

ということは、PHP 5.3 も CentOS 6 上で動作させている限りにおいては、PHP 5.3 も 2020 年までサポートされることになりそうです。CentOS を使っているみなさん、一安心ですね!

あ、もしこの解釈が間違っているようでしたら、ご指摘していただけると幸いです。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから