2013/11/29

WorePress のアップデート時に FTP の接続情報画面が表示される場合の対処方法


Windows Server 2012 R2 に WordPress 3.6 をインストールしたら、WordPress 3.7.1 にバージョンアップしろとメッセージが出たのでバージョンアップしようとしたら、以下のような FTP の接続情報画面が表示されてしまいました。

pic01

この認証画面は、CentOS 上の WordPress のアップデート時にも表示されたのですが、WordPress のデフォルト設定だとこの画面が表示されるのが通常なのでしょうか?

仕方がないので、以下のパスにある wp-config.php に、

C:\inetpub\wwwroot\wordpress\wp-config.php

以下の記述を追記して、IIS を再起動することで FTP の接続情報画面は表示されなくなりました。

define('FS_METHOD','direct');

しかし、以下のようなエラーが表示されました。

http://ja.wordpress.org/wordpress-3.7.1-ja.zip から更新をダウンロードしています…

更新を展開しています…

ファイルをコピーできませんでした。

インストール失敗

ネットを調べてみると、どうもアクセス権の設定の問題らしい。

それで、以下の wordpress をインストールしたフォルダ以下に、USERS グループに書き込み権限を与えたところ、無事にアップデートできました。

C:\inetpub\wwwroot\wordpress

ついでにプラグインをアップデートしてみたら、以下のようなエラーが。

https://downloads.wordpress.org/plugin/wp-multibyte-patch.1.8.zip から更新をダウンロードしています…
更新を展開しています…
最新のバージョンをインストールしています…
プラグインの古いバージョンを削除しています…
プラグインの更新に失敗しました。

WP Multibyte Patch の更新中にエラー: 古いプラグインを削除できませんでした。

すべての更新が完了しました。

面倒ですが、手作業で以下のフォルダを削除しようと思ったら、管理者権限が必要で削除できませんでした。

C:\inetpub\wwwroot\wordpress\wp-content\plugins\wp-multibyte-patch

仕方がないので、コマンドプロンプトを管理者として起動して以下のコマンドでディレクトリを削除しました。

> cd C:\inetpub\wwwroot\wordpress\wp-content\plugins
> rmdir /s /q wp-multibyte-patch

それで、プラグインのインストールから「WP Multibyte Patch」をインストールして問題解決しました。

意外と手間取りますね。

■参考サイト


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから