2013/11/28

Windows Server 2012 R2 のリモートデスクトップを有効にする


Windows Server 2008 の頃は、リモートデスクトップってデフォルトで有効だった気がするのですが違ったでしょうか?

Windows Server 2012 R2 でリモートデスクトップ接続を試してみたところ、デフォルト設定だと接続を拒否されてしまいました。

Windows Server 2012 R2 でリモートデスクトップを有効にするには、サーバーマネージャーを起動して「ローカルサーバー」を選択します。

pic01

するとプロパティ画面が表示されるので、「リモートデスクトップ」の「無効」をクリックします。

pic02

「このコンピューターへのリモート接続を許可する」を ON にします。

pic03

警告が表示されるので、OK をクリックします。

pic04

pic05

無事にリモートデスクトップでサーバーに接続できるようになりました。

pic06


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから