2013/10/20

Windows 8.1 で起動時に直接デスクトップを表示する方法


Windows 8 では、起動時にスタート画面が表示されるようになり、うっとうしい思いをしていた方も多いかと思います。ですが、Windows 8.1 からは起動時に直接デスクトップを表示することができるようになりました。

起動時に直接デスクトップを表示するには、タスクバーを右クリックして表示されるメニューで「プロパティ」をクリックして「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」画面を表示します。

pic01

次に、「ナビゲーション」タブをクリックして、「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」のチェックを入れて「OK」ボタンをクリックすれば設定完了です。

pic02

ちょっと分かりにくい場所に設定がありますが、一度設定してしまえば終わりなので、まあ仕方ないですかね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

起動時にデスクトップ表示できるんですね。
ストレスがひとつ減りました。
ありがとうございました。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから