2013/08/26

Windows 8 で右クリックメニューから Windows Defender を使いファイルスキャンをする方法


Windows Defender Status Manager via 窓の杜

Windows 8 には、ウィルス対策ソフトとして Windows Defender が標準でインストールされているのですが、なぜか右クリックからのファイルスキャン機能がありません。

Windows 7 までの Microsoft Security Essentials では右クリックからのファイルスキャン機能があったのにこれは残念な状況です。大人の事情があったと推測しますが、ちょっといただけないですね。

ですが、「Windows Defender Status Manager」というツールをインストールすると、Windows 8 でも右クリックメニューから Windows Defender を使いファイルスキャンができるようになります。

以下のように、ファイルを選択して右クリックすると、「Scan with Windows Defender」というメニューが表示されるのでファイルをスキャンします。

pic01

ファイルにウィルスがない場合は何も表示されずにスキャンが終了してしまうのですが、ウィルスがある場合は以下のように Windows Defender が動作しウィルスを除去します(このウィルスはサンプルウィルスです)。

pic02

これで、Windows Defender をメインのウィルス対策ソフトとして利用することができるようになりますね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

今更ながらに、以前は出来てた個別ファイルの右クリックからのスキャンができない不便さに気づきました・・・。便利なツールの紹介と、丁寧な図解をありがとうございます!

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから