2013/08/24

Hyper-V で無線 LAN のみの PC でもネットワーク接続できるようにする方法


Hyper-V はデフォルトでは無線 LAN をネットワークアダプタとして利用することができません。最近のノート PC や Ultrabook などでは困ってしまいますね。そんな環境でも、Hyper-Vでネットワークを利用できるようにする方法をご紹介します。

環境は、Windows 8 Pro の Hyper-V になります。

まずは、Hype-V マネージャーを起動します。そして、「仮想スイッチマネージャー」をクリックします。

pic01

「内部」を選択して、「仮想スイッチの作成」をクリックします。

pic02

名前に「Internal Switch」を入力して OK をクリックします。

pic03

 

次に、コントロールパネルから「ネットワークと共有センター」を開き、「アダプターの設定の変更」をクリックし、以下の画面を表示します。

pic05

 

そして、コントロールキーを押しながら、WiFi –> vEthernet(Internal Switch) の順番でクリックしてから、右クリックメニューを表示し「ブリッジ接続」をクリックします。

pic06

次からは、仮想マシンの設定になります。仮想マシンが停止している状態で右クリックして、「設定」をクリックします。

pic04

CentOS 6.3 では、レガシネットワークアダプターでないと、ネットワークカードを認識しないので、レガシネットワークアダプターを追加します。

Windows などでは、デフォルトのネットワークアダプターでいいと思います。CentOS 6.4 もデフォルトのネットワークアダプターを認識するようになりました。

「ハードウェアの追加」から「レガシネットワークアダプター」を選択し、「追加」をクリックします。

pic07

「仮想スイッチ」に「Internal Switch」を選択し、OK をクリックします。なお、CentOS の場合は、「高度な機能」からMAC アドレスを静的に割り当てる必要があります。

pic08

これで、Hyper-V の設定は完了です。

仮想マシンを起動して、動作を確認してみてください。

 

なお、CentOS では、以下のファイルの MAC アドレスを、先ほど設定した MAC アドレスに合わせておく必要があります。そうしないとエラーで苦しむことになります。

  • /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
  • /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

最後に、各ファイルのサンプルを掲載しておきます。

/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

# PCI device 0x1011:0x0009 (tulip)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:15:5d:0b:05:02", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0"

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE="eth0"
HWADDR="00:15:5D:0B:05:02"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
BOOTPROTO="none"
TYPE="Ethernet"
IPADDR=192.168.11.10
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.11.1


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

「Windows などでは、デフォルトのネットワークアダプターでいいと思います。」とありますが「ハードウェアの追加」をやらなくて良いという事でしょうか。

はい。Windows は、何もしなくても、デフォルトでネットワークアダプタを認識すると思います。

手順通りに設定しましたが、ゲストOSを起動すると画面右下のネットワークアイコンに警告マークが表示されており、それにマウスカーソルを合わせると
「識別されていないネットワーク
インターネット アクセスなし」
と表示されます。

更に暫くすると「ネットワークエラー」と題するダイアログが表示されます。
そこには「IP アドレスの競合が検出されました」と書いてあります。

ホストOSはWindows8.1でゲストOSはWindows7です。
共に64bit版です。

何をどうしたら良いのか分かりません。
もし御存知でしたら御教示願います。

それは、エラーメッセージの通り、IPアドレスの競合が起きているのだと思います。IPアドレスを固定で割り当てているなら、同じIPアドレスを使用している環境がないか確認してみてください。ネットワークの問題だと思います。

お忙しいところ申し訳ないです。
ご説明に従って設定しましたが、ネットワーク接続できません。
ホストOSはWindows8.1でゲストOSはCentOS6.5です。
共に64bit版です。

ゲストOS起動後、クルクルと接続を試みているアイコンが表示されたのち、
接続できていないアイコンが表示されます。

>>dazs11さん

その組み合わせでは動作したので、CentOS側のネットワークの設定を確認してみてください。記事にも書きましたが、Hyper-Vで割り当てられているNICのMACアドレスと、CentOSの設定のMACアドレスが一致していない可能性があります。

ご指示の手順通り実施しましたが、 右クリックで「ブリッジ接続」がないので
クリックできません。どうしたらよいでしょう。
ホスト Windows8.1 ゲスト Windows7(32biti) です。

>>オチケンさん

2つのネットワークを両方選択している状態で、右クリックされていますか?
もしそれで表示されないようでしたら、ちょっとわからないですね。

他の方からもご質問があったのでしたら、手間をとらせてしまい、申し訳ありません。
私はWindows8のHyper-Vの中でWindowsXpを使用しています。どうしてもソフトが8用として販売されておらず、Xpに頼っているのですが、有線LANでつなげば問題ないのですが、無線のポケットWiFi(Emobile)などで接続したい場合、どうしても繋がりません。それで何度もチャレンジしているのですが、最後の「CentOS の場合は、「高度な機能」からMAC アドレスを静的に割り当てる必要があります。」とありますが、Xpの場合は、どのようにすれば良いかご存知でしょうか?? 素人で申し訳ありません。

>>gufo さん

そういうお話しでしたら、Wifiの接続をしたあとでこの記事の内容を試してみてください。Wifi接続時でないと設定ができないと思いますので。CentOSのMACアドレスについては、Windows XP では関係ないので、そこは気にしなくても問題ありません。

ありがとうございました。
WiFiを接続してから接続できました。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから