2013/02/24

eclipse の DBViewer プラグインから SQL Server 2012 に接続する方法


eclipse(Pleiades)の DBViewer プラグインから SQL Server 2012 に接続するのに、いろいろはまったので記録を残しておきます。なお、SQL Server 2012 は EXPRESS エディションになります。

SQL Server の設定

スタートメニューから SQL Server Management Studio を起動して、Windows 認証でログインします。

次にインスタンス名を右クリックしてプロパティ画面を表示後、セキュリティを表示します。サーバー認証が「Windows 認証モード」になっているので、「SQL Server 認証モードと Windows 認証モード」を選択し OKボタンをクリック後、SQL Server を再起動します。

pic01

SQL Server にログインするユーザーを作成します。SQL Server Management Studio のセキュリティ >> ログインを右クリックして「新しいログイン」をクリックします。

ログイン名「user01」、SQL Server 認証のパスワードに「pass」を入力し、既定のデータベースにあらかじめ作成しておいた「Test」データベースを選択肢ます。

pic02

ページの選択にあるユーザー マッピングをクリックし、このログインにマップされたユーザーの 「Test」データベースにチェックを入れ、Test のデータベース ロール メンバーシップの「db_owner」にチェックを入れて OK をクリックします。

pic03

 

次に SQL Server の通信設定を行います。スタートメニュー >> Microsoft SQL Server 2012 >> 構成ツール >> SQL Server 構成マネージャーを起動します。

SQL Server ネットワークの構成 >> SQLEXPRESS のプロトコルをクリックし、TCP/IP を右クリックして有効にします。

pic04

TCP/IP を右クリックしてプロパティをクリックし、IP アドレスタブを表示し、一番下までスクロールします。IPALL の TCP ポートに「1433」を入力し、TCP 動的ポートの値を削除してOK をクリックします。その後、SQL Server を再起動します。

pic05

 

ファイアウォールの設定

ファイアウォールの既定では SQL Server の TCP 1433 ポートは塞がれているので、ポートを開放します。

コントロールパネル >> Windows ファイアウォール を開き「詳細設定」をクリックします。

pic06

受信の規則を右クリックして「新しい規則」をクリックします。

pic07

 

規則の種類で「ポート」を選択し「次へ」をクリックします。

pic08

「TCP」を選択し、「特定のローカルポート」に「1433」を入力し「次へ」をクリックします。

pic09

「接続を許可する」を選択し、「次へ」をクリックします。

pic10

プロファイルはデフォルトのまま「次へ」をクリックします。

pic11

「名前」に「SQL Server」と入力し、「完了」をクリックして設定完了です。

pic12

 

Microsoft JDBC Driver 4.0 for SQL Server のインストール

Microsoft JDBC Driver 4.0 for SQL Server より、JDBC ドライバーをダウンロードします。ダウンロードした「sqljdbc_4.0.2206.100_jpn.exe」を管理者として実行して、C:\Program Files\Microsoft JDBC Driver 4.0 for SQL Server に JDBC ドライバーをインストールします。

eclipse の DBViewer プラグイン設定

eclipse を起動して、DB ツリービューの「登録」ボタンをクリックします。

pic13

データベース定義名に「Test」、JDBCドライバーを「ファイルの追加」ボタンから以下のファイルを選択して「次へ」をクリックします。

  • C:\Program Files\Microsoft JDBC Driver 4.0 for SQL Server\sqljdbc_4.0\jpn\sqljdbc4.jar

pic14

データベース名、接続ユーザ、接続パスワードを入力し「テスト接続」をクリックします。「接続に成功しました」と表示されれば無事に設定ができたので「完了」をクリックします。

DBViewerPlugin の Test をダブルクリックすると、Test データーベースに接続することができます。

pic15


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

ExcelでSQLServerのデータを取得/更新するなら、ExcelDBToolをお勧めします。
テーブルのデータをエクセルに取得、更新、削除することだけではなく、複数のSQLを実行して、結果を
一括Excelの各シートに出力することもできます。データ作成の機能を使って、
氏名、住所、電話など60種類以上のダミーデータも作成できます。
作成したデータを直接DBに登録して、シート名とテーブル名が一致すれば、
一括で複数テーブルのデータもExcelに取得できます。
詳しくは下記サイトをご参照ください。

http://www.superdbtool.com
ベクターからもダウンロードできます。

またExcelDBToolを使って、テストデータを作成するのは非常に簡単です。
作成できるダミーデータ種類:
郵便番号, 都道府県, 企業名, 市区,町村,最寄駅,最寄駅ふりがな,路線,銀行コード, 銀行名, 銀行カタカナ, 支店コード, 支店名, 支店カタカナ,E-Mail, URL, 携帯, 苗字のみ, 氏名, 住所, 住所ふりがな,性別, 年齢, 血液型, 固定電話, 婚姻, ふりがな, 大学名,身長,体重固定値,国籍,国籍英語,国籍英語略,クレジットカード会社,クレジットカード番号,有効期限,IPアドレス,業種大分類,業種大分類名称,業種中分類,業種中分類名称,業種小分類,業種小分類名称,職種大分類,職種大分類名称,職種中分類,職種中分類名称,職種小分類,職種小分類名称,数値連番,整数・小数点数,英数混在,文字列+連番,文字列+全角連番全角漢字,ひらがな,全角カタカナ,半角カタカナ,全角英数,全角数値,全角英字,全半混在日付,時間,タイムスタンプ,特殊文字

SQLServer以外、Oracle,DB2,Sybase,MySQL,Postgre,Sqliteもご利用できます。

>>テスターさん

なかなか高機能なツールですね。フリーか有償かが分かりませんが、用途によって使えそうな感じです。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから