2012/09/11

Windows 8 にインストールされている .NET Framework のバージョン


.NET Version Detector を使用して、Windows 8 にデフォルトでインストールされている .NET Framework のバージョンを調べてみたところ、.NET Framework 4.5 のみインストールされていました。

dotNET

 

.NET Framework 2.0/3.0/3.5 と .NET Framework 4.0 は、以下の記事よると完全互換ではないので、当然、.NET Framework 4.5 も完全互換ではないということになります。

となると、Windows 8 で .NET Framework 2.0/3.0/3.5 のアプリケーションを動作させるためには、.NET Framework 3.5 SP1 のインストールが必要になる訳ですが、念の為にインストールできるか確認してみました。

.NET Framework 3.5 SP1 のサポート OS には Windows 8 は含まれていませんね。まだ販売はされていないから追記されていないのでしょうか。

サポートされているオペレーティング システム: Windows Server 2003, Windows Server 2008, Windows Vista, Windows XP

Download: .NET Framework 3.5 Service Pack 1 - Microsoft Download Center - Download Details

実際に .NET Framework 3.5 SP1 をインストールしてみましたが、問題なくインストールできました。.NET Version Detector でも以下のように、.NET Framework 2.0 SP2/3.0 SP2/3.5 SP1 がインストールされていると表示されます。

dotNET2

 

ただ、Windows 8 に .NET Framework 4.5 しかインストールされていないことを知らずに、.NET Framework 2.0/3.0/3.5 のアプリケーションを動作させるユーザーは多そうですね。問題が起きないように、.NET Framework 3.5 SP1 はデフォルトインストールしておけばよかったと思うのですが。

 

■関連エントリー


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから