2012/09/12

Windows 8 では .NET Framework 2.0/3.0/3.5 で作成したアプリをそのままでは実行できない


Windows 8 は、デフォルトで .NET Framework 4.5 しかインストール(有効)になっていません。そのために、.NET Framework 2.0/3.0/3.5 で作成したアプリケーションを Windows 8 で実行すると以下のような画面が表示され実行できません。

alert

この初期化エラーを回避して、.NET Framework 2.0 のアプリケーションを .NET Framework 4.5 で動作させるためには、app.config を以下のように記述します。

<?xml version="1.0"?>
<configuration>
<startup>
  <supportedRuntime version="v2.0.50727"/>
  <supportedRuntime version="v4.0"/>
</startup>
</configuration>

今回のサンプルアプリケーションは「Hello,World !」と画面に表示するだけの簡単なアプリケーションです。アセンブリ名は HelloWorld.exe なので、ビルドして生成される HelloWorld.exe.config と一緒に Windows 8 上に配置して実行すると、以下のように問題なく実行できます。

app

.NET Framework 2.0 と .NET Framework 4.5 の互換性の問題もあるため、実際には互換性の検証が必要になりますが、とりあえずこれで .NET Framework 2.0/3.0/3.5 のアプリケーションも Windows 8 でも実行できるようになります。

この方法について詳しいことは以下のページを参照してください。

また、起動時エラーで表示されたように .NET Framework 3.5 SP1 をインストールしても、サイド・バイ・サイドの機能で問題なくアプリケーションは動作します。

 

■関連エントリー


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

自分/他人が作成したアプリどころか、
windows8自体が持ってる「Windows 7 のファイルの回復」で
システムイメージのDVDを作成できませんでした。
しかもメッセージが「セクタの読み取りに失敗~」なので分かりにくい。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから