2012/09/12

.NET Framework 4.0 と 4.5 は CLR のバージョンが異なる


.NET Framework 4.0 は CLR 4.0、 .NET Framework 4.5 は CLR 4.5 と CLR のバージョンが異なるため、.NET Framework 2.0/3.0/3.5 の時のように同じ CLR 2.0 で動作させることができません。

.NET Framework 4 には CLR 4 が含まれますが、.NET Framework 3.5 には CLR 2.0 が含まれます。 (CLR の Version 3 はありません)。.NET Framework 4.5 は .NET Framework 4 のインプレース更新ですが、基になる CLR のバージョン番号は CLR 4.5 と呼ばれます。

バージョンおよび依存関係

.NET Framework 4.5 は、コンピューターの .NET Framework 4 を置き換えるインプレース更新です。 この更新プログラムをインストールした後、.NET Framework 4 のアプリは再コンパイルせずに実行を続けるはずです。 ただし、.NET Framework で行われたいくつかの変更により、アプリのコードを変更しなければならないことがあります。

バージョンおよび依存関係

.NET Framework 4.0 と 4.5 は今までと同じように、CLR 4.0 で統一されてばかりいると思っていたのでこれはちょっと意外でした。

アプリケーションの互換性の面から言っても良策とは思えないのですが、Windows 8 のスタイルに合わせるために CLR のバージョンを分ける必要があったのでしょうか。

なお、CLR のバージョン関係は以下によくまとめられています。

clr
バージョンおよび依存関係

 

■関連エントリー


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから