2012/09/09

IE の Java プラグインを無効にする方法


(2013/01/14追記)
このエントリーではレジストリで Internet Explorer の Java 実行を無効にする方法を記載していますが、Java 7 Update 10 からはコントロールパネルから簡単に Java 実行を無効にできるようになりました。詳しくは以下のエントリーをご覧ください。


前々回のエントリーではGoogle Chrome、前回のエントリーでは Firefox で Java プラグインを無効にする方法をご紹介しましたが、今回は Internet Explorer で Java プラグインを無効にする方法をご紹介します。環境は、Windows 7(64bit) 上の Internet Explorer 9 になります。

Internet Explorer のやっかいなところは、この設定画面で設定を行えば当然 Java が無効になるだろうと思う設定を行なっても、実際は Java アプレットが動作してしまうことです。 

具体的に見ていきます。

Java アプレットを無効にするなら、インターネットオプションの、インターネットゾーンの Java アプレットを無効にすることを考えると思いますが、これだと Java アプレットは無効になりません。 

以下のように Java アプレットを無効にします。 

ie1

 

この状態で Java アプレットのサンプルページを表示すると、以下のように Java アプレットが実行されていることが確認できます。 

ie2

次に、アドオンの管理で Java プラグインを選択し「すべて無効」をクリックして Java プラグインを無効にしてみます。

ie3

この状態で Java アプレットのサンプルページを表示しても、以下のように Java アプレットが実行されていることが確認できます。 

ie4


正直、この段階でどうして Java プラグインを無効にできないのか理解不能で手詰まりだったのですが、とある方から以下の Microsoft サポートページを紹介していただきました。

このページでは、レジストリを利用してインターネットゾーンの Java プラグインを無効にする方法が紹介されています。レジストリを利用するので、設定には十分注意して行なってください。

 

実際には、Java プラグインを無効にするコードが記載されているので、そのコードを例えば java.reg というファイル名で保存します。この java.reg ファイルを実行後、Internet Explorer を再起動すると設定が有効になります。

この状態で Java アプレットのサンプルページを表示すると、Java プラグインが無効になっていることを確認できます。

ie5

 

■関連エントリー


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

いやいや……
「アプレットのスクリプト」も「SSV Helper」もJavaアプレット本体とは何も関係ないでしょうが

>>通りすがりさん

ご指摘をいただき改めて調べたら確かにそうですね。
アドオンの管理に、Java plugin の本体が出てこないのは謎ですが。
情報ありがとうございました。

ありがとうございます。
助かりました。

ドロップダウンで「すべてのアドオン」にしていないからでは?

助かりました、有難う御座いました.

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから