2012/06/05

Windows 8 のデスクトップでも Metro インターフェイスが採用された理由


@ITの記事で、Windows 8 のデスクトップでもなぜ Metro インターフェイスが採用されたのか、なるほどと思う理由がありました。

Windows 8はデスクトップとMetroの両方を使えるように作られている。正直なところ、完全にマウスとキーボードだけで使う場合には、Metroはあまり使いやすいものではない。それでも両方に対応するのは、例えば以下のような利用場面を想定している。

  • キーボード着脱式で、オフィス内ではノートPCのように使え、出先ではタブレット端末として使えるデバイスの登場
  • リモート・デスクトップ接続でタブレット端末からデスクトップPCを操作

Windows 8時代のアプリ開発とWinRT - @IT

なるほどとは思うのですが、通常の Windows インターフェイスか Metro インターフェイスかはユーザーが選択できるようにすべきだと思うのですけどね。

なお、この記事自体は今後の開発についてよく分かる良記事だと思います。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから