2012/06/02

Windows 8 のエクスプローラはリボンメニューになっている


Windows 8 Release Preview をいじっていて気がついたのですが、Windows 8 のエクスプローラはリボンメニューになっているんですね。

個人的にはリボンメニューは好きなのですが、拒否反応を示す人も多いし、インターフェイスが大きく変わることで混乱するユーザーが多数出てくることが予想されます。ですが、慣れると結構便利ではないかとも思います。

折角ですので、少し詳しく Windows 8 のエクスプローラを見ていきたいと思います。

image01

 

デフォルトの状態ではリボンメニューは最小化されていて、通常のエクスプローラと見分けがつきません。

image02

 

ファイルだけは通常のメニューになっていて、よく使用するメニューがまとめられています。コマンドプロンプトや Windows PowerShell が含まれているのがいいですね。ちょっとしたスタートメニューのような感じです。

image03

 

左側ペインでコンピューターを選択している状態でコンピュータータブを表示すると、コンピューターやネットワークに関するメニューがまとまっています。コントロールパネルを開く、プログラムのインストールと変更、システムのプロパティ、管理など、これもちょっとしたスタートメニューのようになっています。

image09

 

ホームタブにはエクスプローラとして基本的な機能がまとまっています。今までショートカットキーでしかできなかった「すべて選択」があったり、右クリックメニューにあった「名前の変更」や「プロパティ」がありユーザーに分かりやすくなってますね。

image04

 

共有タブはなんというか使い道が今ひとつ分からないですね。共有フォルダってまだ使うのでしょうか。。。

image05

 

表示タブにはファイルの表示設定がまとまっていますが、「ファイルの拡張子」と「隠しファイル」の設定がメニューから設定できるのはいいですね。よく使う設定なのに、今まで深い部分に設定項目がありましたので。

image06

 

ドライブを選択した状態で管理タブを表示するとドライブツールが、アプリケーションを選択した状態ではアプリケーションツールが表示されます。

image07

image08

 

今まで、Metro スタイルのスタートメニューのネガティブな側面にばかり目が行っていましたが、エクスプローラの改善によってユーザー体験が著しく低下することがないようには配慮されているようですね。

 

■関連エントリー


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール