« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012/04/30

CentOS に SQLite をインストール

CentOS 6.2 に SQLite3 とドライバをインストールしようとしたら、ちょっとしたエラーが出たのでメモとして残しておきます。

続きを読む "CentOS に SQLite をインストール" »

2012/04/29

CentOS 6.2 に node.js をインストール

Ruby on Rails には、サーバーサイドで実行できる JavaScript エンジンが必要とのことなので、node.js を CentOS 6.2  にインストールします。

複数バージョンの node.js を管理できる nvm (Node Version Manager) も魅力的ですが、git を使わなければいけないため、Installing Node.js via package manager · joyent/node Wiki · GitHub に掲載されるもっと簡単な方法を選択しました。

続きを読む "CentOS 6.2 に node.js をインストール" »

2012/04/28

CentOS 6.2 に RVM、Ruby、Ruby on Rails をインストール

はじめに

CentOS 6.2(64bit)に、RVM 、Ruby、Ruby on Rails をインストールしようと思ったのですが、うまくいかない部分があったのでメモとして残しておきます。

続きを読む "CentOS 6.2 に RVM、Ruby、Ruby on Rails をインストール" »

2012/04/21

MyJVN バージョンチェッカを自動実行して PC を安全に保つ方法

MyJVN バージョンチェッカとは

MyJVN バージョンチェッカ とは、IPA が無料で公開しているツールで、Flash Player, Adobe Reader, Java Runtime Environment など脆弱性で問題になりやすい製品が最新バージョンかチェックしてくれます。

ですので、定期的に MyJVN バージョンチェッカを実行することは PC を安全な状態に保つために重要です。ですが、毎回 IPA のサイトにアクセスして実行するのは面倒なので、チェックを自動的に行う方法をご紹介します。

MyJVN

※画面の JRE はエラーを出すために意図的に古いバージョンを使っています。

続きを読む "MyJVN バージョンチェッカを自動実行して PC を安全に保つ方法" »

2012/04/19

Windows 8 の正式名称が決まったらしい

Windows 8 の正式名称が決まったらしい。クライアント OS は「Windows 8」で、サーバー OS は「Windows Server 2012」になるようです。

現在もクライアント OS は「Windows 7」で、サーバー OS は「Windows Server 2008 R2」なので分かりやすいですね。

続きを読む "Windows 8 の正式名称が決まったらしい" »

2012/04/14

[書籍]入門Git

個人で使うバージョン管理システムは何がよいのか調べていたのですが、今なら分散バージョン管理システムがよさそうですね。ローカル環境のリポジトリを利用できるし、ホスティング サービスのリポジトリをマスターにすればバックアップ対策も万全です。

となると、どの分散バージョン管理システムがよいかとなりますが、Git と Mercurial がよさそうなのでこの2つで検討してみました。

続きを読む "[書籍]入門Git" »

2012/04/11

Postolog ~ Google+ への投稿を Facebook と Twitter にも自動で投稿してくれるサービス

Postolog」は Google+ で投稿した内容を、Facebook と Twitter にも自動で投稿してくれるサービスです。英語のサービスですが、シンプルなのであまり迷うことなく利用できると思います。なお、自動投稿するのは「一般公開」として投稿したものに限られます。

Google+ と Facebook/Twitter 連携する方法を調べていたのですが、検索にヒットするものは既に使用できないものばかりでしたが、Postolog は問題なく使用することができました。

ご興味のある方は、一度お試しを。

Postolog

2012/04/06

Internet Explorer 8 以降でないと Web サーバー側のクリックジャッキング対策が有効にならないらしい

クリックジャッキングの対策方法を調べていて分かったのですが、Web サーバー側でクリックジャッキングの対策をしても Internet Explorer 8 以降でないと有効にならないんですね。

Internet Explorer 以外は現在では対応できているようです。クリックジャッキングの攻撃手法が発見されたのが2008年9月で、Internet Explorer 8 がリリースされたのが2009年3月だから Microsoft の対応が遅いわけではないのですけどね。

click
The X-Frame-Options response header – MDN より

続きを読む "Internet Explorer 8 以降でないと Web サーバー側のクリックジャッキング対策が有効にならないらしい" »

2012/04/03

Flash Player 11.2 からバックグラウンドアップデート機能が追加になったらしい

Flash Playerの最新版が公開、自動更新機能を搭載 - ニュース:ITpro

2012年3月28日に公開された「Flash Player 11.2」の Windows 版に、ユーザーが何もしなくても最新版に更新される「バックグラウンドアップデート機能」が追加になったとのこと。

全然注目されていないニュースですが、セキュリティ的にはとても重要ですね。最近、Flash Player の深刻な脆弱性が発見されることが多いですし。

以前のバージョンでもアップデートの通知機能はあったものの、インストールは自分で行わなければいけませんでした。その手順は一般ユーザーには難しく、複数ブラウザを利用している場合はブラウザごとにアップデートする必要がありました。

今後は、Flash Player はバックグラウンドで自動アップデートされ、複数のブラウザを利用していても問題なくアップデートされるようなのでユーザーの負担も軽くなりますね。

続きを読む "Flash Player 11.2 からバックグラウンドアップデート機能が追加になったらしい" »

2012/04/02

Internet Explorer 9 の起動時に「アドオンを無効にすることで、閲覧の速度を上げます。」メッセージを表示させなくする方法

Internet Explorer 9 から、ブラウザの起動を早くするために「アドオンパフォーマンスアドバイザー」という機能が追加になっています。

アドオンパフォーマンスアドバイザーで設定されたしきい値以上にアドオンの読み込み時間がかかったときに以下のメッセージが表示され、サイトの表示がブロックされてしまいます。

pic1

正直、アドオンの読み込みに時間がかかるより、このメッセージが表示される方がよっぽどストレスがかかりますね(笑)。

という訳で、このメッセージが表示されないようにする方法をご紹介します。

続きを読む "Internet Explorer 9 の起動時に「アドオンを無効にすることで、閲覧の速度を上げます。」メッセージを表示させなくする方法" »

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから