2012/03/12

Excel アドインの「Excel CSV I/O」をバージョンアップしました


Excel で CSV データを簡単にインポート・エクスポートできるアドインの「Excel CSV I/O」をバージョンアップしました。

バージョンアップ内容は、エクスポート機能に「出力データ」項目を追加したことです。

これにより、今まで”A1”セルのアクティブセル領域しかエクスポートできなかったものが、任意のセルのアクティブセル領域をエクスポート可能になりました。また、選択したセル領域のエクスポートも可能になっています。

なお、アクティブセル領域とは、「選択しているセルまたはセル範囲から、すべての方向の最初の空白行または空白列までの領域」(エクセル事典より)のことです。

このバージョンアップにより、かなり使い勝手が向上したと思いますので、ぜひ一度お試しください。

ExcelCsvIO


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから