2012/01/17

VirtualBox に Windows 8 Developer Preview をインストールしてみた


はじめに

Windows 8 Developer Preview は、基本的に物理環境へのインストールが推奨されていて、Microsoft 製品でありながら Virtual PC や Virtual Server にはインストールすることができません。

ですが、以下の仮想環境にはインストール可能とされています。

  • Windows 8 Developer Preview に搭載の Hyper-V
  • Windows Server 2008 R2 に搭載の Hyper-V
  • VMware Workstation 8.0 for Windows
  • VirtualBox 4.1.2 for Windows

 Windows 8 Developer Preview を仮想環境で実行する - Building Windows 8 - Site Home - MSDN Blogs

VirtualBox は商用でも無償で利用可能であるため、ここでは最新版の VirtualBox 4.1.8 for Windows に Windows 8 Developer Preview をインストールしてみます。

Windows 8 Developer Preview のダウンロード

Windows Metro Style Apps Developer Downloads より、「Windows 8 Developer Preview English, 32-bit (x86)」(2.8GB) の ISO ファイルをダウンロードします。

 

VirtualBox 仮想マシンの作成

VirtualBox を起動して、Windows 8 Developer Preview 用の仮想マシンを作成します。

 

「新規」を選択。

pic01

 

「次へ」。

pic02

 

名前に「Windows 8 Developer Preview」、OSに「Microsoft Windows」、バージョンに「Windows 8」を指定して「次へ」。

pic03

 

デフォルトのまま「次へ」。

pic04

 

デフォルトのまま「次へ」。

pic05

 

デフォルトのまま「次へ」。

pic06

 

デフォルトのまま「次へ」。

pic08

 

場所は、今回は「C:\VM\Windows 8 Developer Preview.vdi」に設定し、ディスクサイズは20GBのままにし「次へ」。

pic09

 

内容を確認し「Create」。

pic10

 

内容を確認し「Create」。

pic11

 

Windows 8 Developer Preview のインストール

先ほど作成した仮想マシンの「Windows 8 Developer Preview」を選択し「起動」。

pic12

 

注意事項が表示されるので内容を確認し、「次回からこのメッセージを表示しない」にチェックを入れ「OK」。

pic13

 

「次へ」。

pic14

 

インストールメディアにダウンロードした Windows 8 Developer Preview の ISO ファイルを指定して「次へ」。

pic15

 

内容を確認して「起動」。

pic16

 

CPU に仮想化支援機能のない古い PC だとここでエラーが発生し起動することができません。その場合は残念ですがあきらめましょう。

 

起動中に以下のメッセージが表示されるので、「次回からこのメッセージを表示しない」にチェックを入れ「OK」。

pic17

 

以下のメッセージが表示されるので、「次回からこのメッセージを表示しない」にチェックを入れ「OK」。

pic18

 

上から、「English」、「Japanese (Japan)」、「Microsoft IME」、「Japanese Keyboard (106/109 Key)」を指定して「Next」。

pic19

 

「Install now」。

pic20

 

ライセンスを確認し、「I accept the license terms」にチェックを入れ「Next」。

pic21

 

新規インストールをするので「Custom (advanced)」を選択。

pic23

 

ディスクを選択して「Next」。

pic24

 

 

インストールが終了すると、ウィザードが開始されるので、ここでは PC 名に「mypc」を指定して「Next」。

pic25

 

「User express settings」を選択。

pic26

 

ログオンする Email アドレスを入力して「Next」。

pic27

 

Microsoft のアカウント情報がある場合は以下の画面になるので、パスワードを入力して「Next」。

pic29

 

必要事項を入力して「Next」。

pic30

 

アカウント周りでゴニョゴニョやって、ようやくメニューが Metro スタイルで表示される。Live ID がデフォルトなのはとりあえず仕方ない?

pic31

 

VirtualBox で Metro スタイルのアプリがまともに動くものがないのはこれは現時点での制限?とりあえずデスクトップは動作するようです。

pic32

 

おわりに

とりあえず、VirtualBox に Windows 8 Developer Preview をインストールすることはできました。

Developer Preview 版なので雰囲気をつかむ程度にしか使えないですが、実際に動くものを見ると Metro スタイルの理解が進みますね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから