2012/01/10

VirtualBox は商用でも無償利用可能になっていたらしい


今まで、VirtualBox は商用利用に制限があると思っていたために、Virtual PC か VMWare Player を利用していたのですが、いつの間にか GPL ライセンスに変わっていて商用でも無償で利用できるようになっていたんですね。

Not only is VirtualBox an extremely feature rich, high performance product for enterprise customers, it is also the only professional solution that is freely available as Open Source Software under the terms of the GNU General Public License (GPL) version 2. See "About VirtualBox" for an introduction.

https://www.virtualbox.org/

VirtualBox が GPL ライセンスになったのはバージョン4.x からで、RDP 接続などを行える「Extention Pack」は以前と同じ「PUEL」というライセンスのようです。

PUEL は個人使用、教育的使用、もしくは評価目的に利用できるライセンスですが、かなり幅が広いようです。

この個人利用というのは許可している幅が広いようで、企業で普段使用しているパソコンにインストールして使うことも個人利用としてみなされていますし、個人でお金がからむビジネスに利用することもできるようです。

ちょっとわかりづらいOracle VM VirtualBoxのライセンス - 大人になったら肺呼吸

ミッションクリティカルな企業システムでは商用ライセンスの契約が推奨されるようですが、ただ動作させるだけなら特に問題なく利用できそうですね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから