2011/12/01

.NET Framework、CLR、Visual Studio、Windows の関係がよくわかる図


Versions and Dependencies

英語版の MSDN ライブラリーですが、.NET Framework、CLR、Visual Studio についてわかりやすい図が掲載されていました。こういうのはあまりまとまってないのでご紹介です。

.NET Framework と CLR との関係。.NET Framework 1.1 は CLR 1.1、.NET Framwork 2.0~3.5 は CLR 2.0、.NET Framework 4 は CLR 4 ということが分かります。

clr

 

Visual Studio と .NET Framework の関係。

vs

 

これに以下の記事で紹介されている内容を加えると、Windows と .NET Framework の関係も分かります。

fw

os

 

こうして見ると、現状ではサーバーサイドでは OS にあった .NET Framework を選択すれば問題ありません。

クライアントサイドは Windows にインストールされている .NET Framework のバージョンに合わせる必要がありますが、.NET Framework は自動更新によって配布されているので、Windows Update を止めていなければ最新バージョンで問題ないでしょう。

自動更新については、以下の情報を参照してください。

 

気になる .NET Framework 4.5 ですが、.NET Framework 4.5 Developer Preview には以下のような記述があったので、CLR は 4 ということでしょう。

このソフトウェアは .NET Framework 4 のインプレース更新であり、.NET Framework 3.5 およびそれ以前のバージョンと並行して動作するように設計されています。

ただサポート OS は以下のようになっています。Windows XP/Vista がばっさり切り落とされていますね。これはクライアントサイドで導入するのは相当難しいのではないでしょうか。

サポートされているオペレーティング システムWindows 7/Windows Server 2008 R2

  • Windows 7 (x86 および x64)
  • Windows Server 2008 R2 (x64)
  • Windows Developer Preview (x86 および x64)
  • Windows Server Developer Preview (x64)

サポートされているアーキテクチャ:

  • 32 ビット (x86)
  • 64 ビット (x64)

そして、.NET Framework 4.5 に対応する開発環境は Visual Studio 11 になります。

.NET Framework が登場したことで、アプリケーションの実行環境が単純化されたと思っていましたが、.NET Framework、Visual Studio、Windows のバージョンアップ、そしてサポートライフサイクルの関係でどんどん環境が複雑化していってますね。

 

■関連エントリー


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから