2011/12/09

自宅で簡単に安くファイルサーバーをNASで構築する方法


このエントリーをはてなブックマークに追加

会社では業務用ファイルはファイルサーバー上に保存しているのが普通です。ファイルサーバーとは、簡単に行ってしまえば「ファイルを保存する場所」のことです。

会社と同じようにファイルサーバーを自宅で構築するのは大変です。けれども、無線 LAN ルーターについている NAS(Network Attached Storage)機能と外付けハードディスクを利用すると、自宅でも簡単にファイルサーバーを構築することができます。

ファイルサーバーを構築すると、パソコン、スマートフォン、iPad などのタブレットから同じファイルにアクセスすることができるようになります。

この記事では、無線 LAN ルーター + 外付けハードディスクを利用して、自宅でファイルサーバーを簡単に安く構築する方法をご紹介します。

  1. ファイルサーバーの構成
  2. 無線 LAN ルーター の選び方
  3. 外付けハードディスクの選び方
  4. 雷対策
  5. 無線 LAN ルーターとハードディスクの接続
  6. バックアップ対策

1.ファイルサーバーの構成

ファイルサーバーは以下の構成にします。

  • 無線 LAN ルーター (NAS機能付き)
  • 外付けハードディスク2台(1台はバックアップ)

実際に接続した写真は以下のようになります。ハードディスクの一つに緑色のシールがついていますが、これはバックアップ用であることの目印です。これは地味ですが結構大事です。

pic

 

2.無線 LAN ルーターの選び方

無線 LAN ルーターは NAS 機能がついていれば、既にお持ちのもので大丈夫です。動作確認はバッファローの「WZR-HP-G301NH」を使用していますが、新しく購入するのであればバッファロー製の以下のような製品があります。

BUFFALO 節電+USBポート搭載 11n/a&n/g対応 ハイパワー 無線LANルーター AirStation WZR-HP-AG300H BUFFALO 節電+USBポート搭載 11n/a&n/g対応 ハイパワー 無線LANルーター AirStation WZR-HP-AG300H


バッファロー
売り上げランキング : 31

Amazonで詳しく見る by AZlink

既にお持ちの無線 LAN ルーターに NAS 機能がついているかどうかは、バッファロー製のものであれば以下のように確認できます。

まず、ブラウザ(例:Internet Explorer)で、 http://192.168.11.1 にアクセスします。すると認証画面が表示されるので、ユーザー名:root、パスワードはなしでログインします(パスワード設定している場合はパスワードを入力)。

root

NAS 機能があれば、以下のようにメニューの中に「NAS」というものがあります。

rooter

 

3.外付けハードディスクの選び方

外付けハードディスクは、まず使用する無線 LAN ルーターが対応している USB のバージョンに合わせる必要があります。例えば、先ほどご紹介したバッファローの WZR-HP-AG300H であれば、USB 2.0 になります。

その上で、価格と容量、その他の項目で外付けハードディスクを選択しますが、ここでは、価格、容量、省エネ、静音という条件で以下の製品を選択しました。

Logitec 省電力&静音仕様モデル USB 2.0 外付けハードディスク 2TB LHD-EN2000U2W Logitec 省電力&静音仕様モデル USB 2.0 外付けハードディスク 2TB LHD-EN2000U2W


ロジテック株式会社
売り上げランキング : 9584

Amazonで詳しく見る by AZlink

静音というのは意外と重要で、安いものだとカリカリ音が出て気になることがあります。私はこの製品を選んだのも、寝室に設置するために静音であることが必要だったことが理由です。また、この製品は縦置きだけでなく、横置きもできるのもメリットです。

外付けハードディスクはメイン用とバックアップ用に、できれば2台用意しましょう。予算がなければ1台でもいいのですが、その場合はバックアップをまめにしましょう。

バッファローの無線 LAN ルーターは USB ポートが1つのため、複数の外付けハードディスクを接続するには USB ハブが必要です。以下のものは実際に問題なく使用出来たものになります。バスパワーなので電源も必要ありません。

PLANEX USB2.0/1.1 4ポート USBハブ バスパワー(USBケーブルA to miniB 30cm) PL-UH401 PLANEX USB2.0/1.1 4ポート USBハブ バスパワー(USBケーブルA to miniB 30cm) PL-UH401


プラネックス
売り上げランキング : 35

Amazonで詳しく見る by AZlink

 

3.雷対策

雷対策をしていないと雷が落ちたときに、電流が逆流してハードディスクを破壊してしまう危険があります。ですので、雷ガード機能のある電源ケーブルを使用しましょう。

ELECOM 雷ガードタップ 個別スイッチ ホコリシャッター付 6個口 2.5m BK T-K04-2625BK ELECOM 雷ガードタップ 個別スイッチ ホコリシャッター付 6個口 2.5m BK T-K04-2625BK


エレコム
売り上げランキング : 141

Amazonで詳しく見る by AZlink

また、無線 LAN ルーターや外付けハードディスクを使用すると、AC アダプターが電源タップの口を必要以上に塞いでしまいます。以下の製品は、この問題を解消するなかなかのアイデア商品だと思います。

ELECOM ACアダプタを4個つなげるケーブル ブラック T-AD4BK ELECOM ACアダプタを4個つなげるケーブル ブラック T-AD4BK


エレコム
売り上げランキング : 2141

Amazonで詳しく見る by AZlink

 

5.無線 LAN ルーターとハードディスクの接続

バッファロー製の無線 LAN ルーター と外付けハードディスクを接続すると、自動的にハードディスクを認識してくれます。そのとき、ハードディスクのフォーマット形式を聞かれるので、XFS 形式を選択します。

XFS 形式は Linux などで使用されるフォーマット形式で、大容量のディクスサイズに対応できます。ですが、XFS 形式でフォーマットしたハードディスクを Windows パソコンに接続しても内容を認識できないのでその点にご注意ください。無線 LAN ルーターを経由してのみファイルにアクセスできます。

外付けハードディスクを正しく認識しフォーマットが完了すると、無線 LAN ルーターの管理画面に以下のように表示されます。

hdd

 

6.バックアップ対策

バックアップは、NAS のドライブをパソコンのネットワークドライブとして接続して、BunBackup というフリーウェアを利用してバックアップを行います。

netdrive
※ネットワークドライブの割り当て。2台分。

 

BunBackup
※BunBackup 画面

BunBackup のよいところは無料で使えるのももちろんですが、前回バックアップしたときから変更があったファイルのみをバックアップする差分バックアップ機能があることです。これで定期的にバックアップすれば安心です。

そして、ハードディスクを2台で運用しているとはいえ、同時に故障する危険性はあるので、重要ファイルは DVD ディスクや Blue-ray ディスクにも定期的にバックアップするようにしてください。

 

おわりに

このような構成をとることで、自宅で簡単に安くファイルサーバーを NAS で構築することができます。この構成で作成した環境をすでに2年間ほど利用していますが、特に大きな問題は起きていません。

ファイルサーバーを構築するとかなり便利になりますので、パソコン、スマートフォン、タブレットなど複数の端末から同じファイルにアクセスする必要がある方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加



Twitter や Google+ ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/14182/43312484

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅で簡単に安くファイルサーバーをNASで構築する方法:

コメント

貴重な記事を有り難うございました

 質問があるのですが、なぜ 外付けHDDのフォーマット形式はNTFS形式ではダメなのでしょうか、また対応製品があれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

>>igarashiさん

単純にバッファローの無線LANルーターのOSがLinuxでできているために、大容量パーティションはXFS形式になっているのだと思います。FAT形式も選択できましたが、少ない容量でパーティションを分割することになります。

NTFSをサポートするものもあるようです。個別製品に詳しくないのでご紹介などはできないのですが調べてみてください。
http://firelabi.typepad.com/blog/2010/10/dd-wrt-g300nh-ntfs-nas.html

記事を拝見させていただきました。
もし、まだ質問が有効であれば答えて頂ければ幸いです。
小さな会社を営んでいますが、簡易サーバーが必要になり、この記事を参考に構築してみようと考えています。
PCを5台同期できるようにしたいのですが、ファイルのバックアップが会社だけでは不安なので、バックアップサーバーを自宅にもセットしたいと思っています。
その際の構築に、自動的に会社でっ取ったバックアップを自宅に流すことは可能でしょうか?
そのような設定を行うことが可能かどうか教えてください。
当方、PCに関しては(中の下)レベルだと思っています。
よろしくお願いします。

>>shin さん

業務でファイルサーバーを構築するのであれば、この記事のないようではなく障害対策も考えてRAID(レイド)を組めるファイルサーバーの方がよいと思います。この記事の方法はあくまで個人レベルで手軽にファイルサーバーを構築する方法ですので。

また、ファイルサーバーを用意した場合は、ファイルはファイルサーバーに1つあり、各PCから同じファイルを参照する形になるので同期処理は不要になります。

バックアップの件に関してですが、業務で利用するファイルサーバーの場合はテープデバイスにバックアップを撮るのが一般的です。

インターネットを介してバックアップを行うということであれば、手作業にはなりますがファイルサーバーを pogoplug で構築するというのも一案です(あまりおすすめしませんが)。
http://gigazine.net/news/20121108-pogoplug/

なんにせよ、業務データを扱う場合はどのレベルの信頼性までが必要なのかを先に考えておき、それに合わせたシステム構成にすることをおすすめします。

fnya様:

どうもはじめまして!失礼ながら唐突に質問です。現在、(簡易NAS)外付けHDDをWZR-HP-AG300HにUSB接続してPCだけで利用しています。しかしモバイル端末等で簡易NASへの接続方法が分かりません。新しいBaffaloの製品にはアプリがあり簡単に接続できるみたいですが・・・

色々と調べて検索をしていましたら、fnyaさんのブログを目にしました。タブレットやスマホからのアクセス方法をご存知のようですので、どうぞ御忙しい所大変恐縮いたしますが、ご教示のほどよろしくお願い致します。

敬具、

key

keyさん

タブレットなどのモバイル端末で無線LANルーターで構築したNASにアクセスするには、無線LANルーターに接続する必要があります。3G回線の接続では使えないということですね。

モバイル端末から無線LANルーターに接続するための情報は、無線LANルーターのどこかにシールが貼ってあると思います。

無線LANルーターに接続できたら、あとはアプリを利用してNASにアクセスします。iPadでしたら以下の記事を参照してください。
http://fnya.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/ipad-windows-a9.html

Androidだったら、ESファイルエクスプローラーなどのアプリがあります。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.estrongs.android.pop&hl=ja

fnyaさん

ご返答ありがとうございます。早速Nexus7とiPhone5でそれぞれのご教示されたアプリで問題なくアクセスできました(^0^)/

しかし、今”ふ”と思いましたが外出先のWi-Fi(スターバックス等)から自宅の簡易NASへのアクセスはこの方法しかないのでしょうか?;http://buffalo.jp/download/manual/html/air1300/router/wzrhpg450h/pptp001.html

この方法だと有料だとのことですが・・・たびたびのご質問で大変恐縮いたしますが何か他に良い方法が御座いましたらどうぞご教示をお願い致します。

敬具、

key

keyさん

私は使ったことはないのですが、バッファロー製の無線LANルーターには外部からアクセスできるようにする機能があるようですね。

そうすると、無線LANルーターをインターネット上で識別するための方法として、Dynamic DNS サービスが必要になります。ご提示いただいたサイトからすると、バッファロー製の無線LANルーターは有料の Dynamic DNS サービスにしか対応していないようですね。

fnyaさん

ご返答ありがとうございます。そうですか、やはりDnynamic DNSしかありませんか・・・  BitTorrentで出先の無料Wi-Fiスポットで自宅の簡易NASからダウンロードする方法がありますが、その場合のセキュリティーは大丈夫か心配ですね・・・  とりあえず、近くのコーヒーショップで試して見ます。色々と貴重な情報とアドバイスありがとうございました。

敬具、

key

サーバーというものには 全くの素人ですがubuntu-12.10というOSをインストールしてみました。でも 肝心の内容が解っていません。
町内会の集会場にメインPCを置いてエクセルとワードをインターネットを使って共有したいのです。(windowsのリモートディスクトップ接続のように ただ 同時に複数のPCがつながると思うのでこのやり方はだめですね)
サーバーというものは このような使い方ができるのでしょうか?
6人で共有します。PCはwin7・office07ですべて光netでロジテック・クリアネット使用です。(ロジテックの機種によりますが無料でDDNSが登録、使用できます)
エクセルとワードがサーバーで共有できるかどうかをお教え願いたいのです。
よろしく お教えください。お願いいたします。

>>コタニさん

Ubuntuは私も使ったことはありませんが、Linux系統なので、WebDAVという仕組みを利用することでインターネット上でファイルを共有することができます。

ただ、サーバーをインターネットに公開する必要があり、手元のPCをインターネットに公開するのはいろいろ複雑なことになると思います。私もやったことはないのですが、ルーターの設定で外部からのアクセスを許可し、ダイナミックDNSサービスを利用してインターネットに公開することになると思います。

それよりは、VPSの月額980円のサービスを利用して、WebDAV で共有した方が簡単のような気がします。但し、インターネットに公開するということは誰でも見られるということですので認証を行った方がよいと思います。

今まで Ubuntu を前提にお話しましたが、Word と Excel の共有ができればいいのであれば、Google Docs という Google のサービスを利用することも可能です。確認したところ、Google Drive にサービスが統合されたようですが、簡単な Word や Excel ならインターネット上に公開して共同編集ができるようになります(何故か英語インターフェースですが)。ユーザーを限定しての公開もできますので、こちらの方が簡単かと思います。

早速のご返事ありがとうございます。
Gooleを見たところ無料で5G、有料で追加利用できるとのことです。
一町内、約800世帯の住人と360台の車の管理・会計に使いたいので やはり 自治会サーバーが欲しいです。
Apache~先ほどのWebDAVの仕組みで利用できるのですね。それと Sanbaというのも利用できるのかな?名前だけですが これからやってみます。
だめなら ウインドウズのリモートディスクトップサーバーで我慢します。超簡単だから(バッファローのダイナミックDNSで運用したことがあります。当時は無料でした。)
知らない事ばかりで 聴き方もわかりません。たまたま ここが見つかったのでご無礼ですが質問させていただきました。一度 Gooleも使ってみます。
5Gがタダですからね。 ありがとうございました。

fny様

初めまして。大変興味深く拝見させて頂いています。
外付けHDDの共有について情報を探していて、こちらのページにたどり着きました。

NAS化は全くの初めてですし、やりやすい方法を探して色々見ているうち混乱してきてしまい、正直困っています。
fny様は使用機器なども似ていますので、一番私の事例に合っているかと思いまして質問させて頂くことにしました。


外付けHDD「ロジテック LHD-EN2000U2W」を繋いでいた32bit版Vista機が壊れ、新しくWindows8搭載機を買いました。
ところが、一部64bitパソコンでは動作しないものがあり、一代前のXP機と併用することにしました。
早速HDDをルーター「バッファロー WZR-HP-AG300H」に繋ごうと思ったのですが、NTFS形式なので(購入時1TBx2に切り分け済み)このままだと使えません。
データを退避させてフォーマットし直そうにもデータを移す先がなく、元々いつかRAIDバックアップをやりたいと思っていたこともあり、とりあえず同じ型番のHDDをもう1台買いました。

これからの作業なんですが、ルーターに繋いでNASで共有するか、PC同士でホームグループ組んでXP機からは64bit8機経由でアクセスするか、で変わってくると思います。

それで質問なのですが、ルーターでNAS化の場合『6.バックアップ対策』の図のように、エクスプローラを開けばそのままネットワークのHDDにアクセス出来るのでしょうか?それとも一々ブラウザのアドレス欄で「\\192.168.11.1」を指定しないといけないのでしょうか?
だとすると結構面倒なので、NTFS形式のままでXP機からは8機経由でも良いかとも思ったり・・。
実際のところ、どちらのやり方が便利なのでしょうか?

NAS上のHDDでも簡単にアクセス出来るなら、NAS共有が優勢ですが、そうすると規格が悩みどころなんです。何かあった時にXFS形式だとPCに直で繋ぐということが出来ないし、Linux未経験者なので自力解決はまず無理でしょうし、著しく不安です。
いっそFAT32で使おうかとも思ったのですが(バッファローの「DISK FORMATTER」使えばイケるようです http://hiiro-game.seesaa.net/article/209198100.html )、4GBの制限が痛い。動画は今のところ保存予定はないんですが今後どうなるかわからないし、何よりシステムのバックアップファイルが4GB越え・・。

例えば1台は64bit8機、もう1台はルーターに繋いで、フォーマット形式の違うHDDでRAIDのバックアップをするとか、そういったことは出来るのでしょうか?


調べれば調べるほど、どうするのが一番良いのか迷ってしまって、アドバイス頂けると嬉しいです。宜しくお願いします。

記事を拝見させていただきました。
今さらの質問ですみません。
WZR-HP系の簡易NASは速度が遅いというレビューを見ることがありますが、筆者殿の環境ではいかがでしょうか。
使用には問題ないとのことですが、どの程度の速度(xxMbps)が出ているか参考に教えていただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

>>yasu さん

動画などの大きなデータを扱おうとすると確かに書き込みに時間がかかりますね。普段は動画は扱わないので問題ないのですが。通常の文書や画像を扱う分にはストレスはかかりませんね。

あと、申し訳ないのですが、実測したことはないので 具体的な速度はわかりません。

コメントを書く




プロフィール


  • 名前:fnya (ふにゃと読みます)
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。興味ある技術を追いかけてます。

    Twitter や Google+ では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    Google+ では違う名前でやってます。




    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから