2011/12/04

「Linux標準教科書」がよい感じ


LPI-JAPAN が無料で公開している「Linux標準教科書」(260ページ)を読んでみました。

ちょっとページ数はありますが、これはいい内容ですね。まさに教科書という感じ。Linux のコマンドの解説だけでなく、コンピューターの周辺知識まで含んでいるのがいいです。ただ、もう少し図解があってもいいと思いますが。

独力で読みこなすには基本情報技術者程度の知識が必要ですが、講師がついて解説したり質問を受け付けるなら新入社員の教育にも使えそうです。

私は Windows 系のシステムを扱うことが多かったのですが、最近はさすがに Linux 系も扱うことも増えてきました。ですが Linux の体系だった学習はしてなく、本書を読んで知識の整理ができてよかったです。

「Linux 標準教科書」には、PDF 版iPad 版Android 版があるのですが、せっかくなので iPad 版を読んでみました。アプリ形式で配布されているだけあって、目次、しおり、検索などが使えるし、読みやすくてなかなかよかったです。

Linux 標準教科書  Linux 標準教科書

 

ちなみに、PDF 版のダウンロードには個人情報の入力が必要で、Android 版は約88MBの空き容量が端末に必要(SDカードにインストールできない)ので、iPad を持っているのであれば、iPad 版がおすすめです。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから