2011/12/02

Google Chrome が世界ブラウザ市場で Firefox を超え2位になったらしい


Google Chrome、世界ブラウザ市場で初のFirefox超え - ITmedia ニュース

Google Chrome が世界ブラウザ市場で Firefox を超えて2位になったとのこと。

米GoogleのChormeが11月の世界ブラウザ市場で初めてMozillaのFirefoxを抜き、米MicrosoftのInternet Explorer(IE)に次ぐ2位になった。アイルランドのアクセス解析サービス企業StatCounterが12月1日(現地時間)に発表した調査結果で明らかになった。

Chromeは前年同月比4.66ポイント増の25.69%、Firefoxは6.98ポイント減の25.23%、1位のIEは15.94ポイントと大きくシェアを減らし、40.63%だった。

Firefox はGoogle Chrome と同じような6週間ごとのアップデート方針に切り替えたため、アドオンの非互換の問題を大きくした上に、企業システム用ブラウザとしても使えなくなったのが大きいのでしょうね。あいわらず重いし。

同じ高速リリースサイクルなら、起動も動作も軽くて、拡張機能の非互換も少ない Google Chrome にシェアが移るのは仕方がないでしょう。

とはいいつつ、自分は常駐ブラウザは Firefox を利用していて、デフォルトブラウザを Google Chrome にしてリンクをクリックしたときのブラウザ表示を高速化し、IE は必要なときのみ利用するという変則的な使い方をしていますが。

ただ、Google Chrome に広告が表示されるようになると、またシェアに影響があるかもしれませんね。

 

■関連エントリー


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから