2011/11/18

パスワード作成ツール


最近、Web サービスのアカウント情報が漏洩する事件が起きていますが、パスワードの使い回しをしていたために他のサービスに不正にログインされてしまうという問題が起きています。

問題が起きないようにするには、Web サービスごとに強度の高いパスワードを使用することですが、強度の高いパスワードを作るというのはなかなか面倒です。

強度の高いパスワードを作る方法について、Microsoft が以下のサイトで解説しています。

ですが、いちいち自分で考えるのは面倒なのでここでは強度の高いパスワードを作成できるツールをご紹介します。

Password Maker

Password Maker は、パスワードの文字数、数字、英語小文字大文字、記号、文字の重複を指定してパスワードを作成できる Web サービスです。Web サービスといっても、JavaScript でパスワード生成しているので、インターネット上にパスワードが流れる心配はありません。

そして、パスワードは6個作成されるので、気に入ったパスワードを選ぶことができます。

Password Maker

 

パスワード作成(文字をランダムに抽出)

パスワード作成(文字をランダムに抽出)は、パスワードの文字数、数字、英語小文字大文字、記号、16進数、文字の重複、紛らわしい文字(IOlcovy10)を使用しない設定でパスワードを生成する Web サービスです。これも JavaScript で作成されているのでインターネット上にパスワードが流れる心配はありません。

また、100個、1,000個、10,000個連続作成の機能があるのも便利です。

パスワード作成(文字をランダムに抽出)

 

パスワード チェッカー

折角作成したパスワードの強度が低いと問題があるので、パスワードの強度をチェックしたいところです。

パスワードチェッカーは、Microsoft が提供しているパスワードの強度をチェックしてくれる Web サービスです。これも、チェックするパスワードをインターネットに送出しないので安心して利用できます。

パスワードチェッカー

 

おわりに

上記のような Web サービスで作成したパスワードで、安全に Web サービスやシステムを利用できるようになります。

Web サービスやシステムごとに強度の高いパスワードを作成するとパスワードの管理が大変になってきますが、これは他人に参照不可の場所にパスワードを保存するか専用ツールを利用ればよいと思います。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから