2011/11/14

iPad で Flash 動画を再生できるアプリ


iPad では Flash をそのままでは再生することはできません。iPhone/iPad で Flash を使用できなくなったいきさつは、GIGAZINE の『これまでのFlashを巡る苦難の歴史「Adobe」vs「Apple」』をご参照ください。

ですが、アプリを利用すれば iPad で Flash 動画を再生することは可能です。もう有名なアプリなのですが、ネットで検索をかけたらピンポイントな情報が意外と少なかったのでご紹介です。

iPad で Flash 動画を再生するアプリは「Puffin Web Browser」(85円)で決まりでしょう。値段も非常に安いですし、たいていの Flash 動画は再生することができます。

「Puffin Web Browser」は、インターネット上のサーバーで Flash 動画を解析しその結果を画面に表示させます。サーバーはおそらくアメリカのものなので、日本以外からのアクセスを禁止しているサイトは閲覧できません。

画面内での Flash 動画再生はカクカクしてしまいますが、全画面表示をすればスムーズな再生が可能です。

Flash 動画を再生すると、以下のように全画面表示を行うためのメニューがポップアップ表示されるので、これをタップすれば全画面表示で動画再生できます。

Pic1

これが全画面表示で動画再生した画面です。非常にスムーズに動画再生されます。

Pic2_2

このように「Puffin Web Browser」は非常に便利なアプリなのですが、欠点がない訳ではありません。iPad のメモリが不足していると動画の再生が突然終了することがありますし、動画ファイルによっても突然終了することがあります。

この欠点を補ってくれるのが「iPad版Skyfireブラウザ」(450円)です。「Skyfire」はページ内にある Flash 動画を解析し全画面表示で再生できます。また、iPad/パソコンによるアクセス設定を変更することができます。

「Skyfire」はページ内で Flash 動画を検出すると、以下のように動画再生用のメニューがポップアップ表示されるので、これをタップすると動画を全画面表示で再生できます。

Pic3

これが全画面表示で動画再生した画面です。「Puffin Web Browser」と同様に、非常にスムーズに動画再生できます。

Pic4

「Skyfire」にも欠点がないわけではありません。「Skyfire」は1ページ1動画にしか対応できませんし、動画の検出に失敗することもあります。

このように Flash 動画を再生できるけれども欠点もある「Puffin Web Browser」と「Skyfire」ですが、両方を組み合わせて利用することでたいていの Flash 動画は再生できると思います。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール