2011/11/27

あなたの Android はウィルス対策できてますか?


最近、Android スマートフォン・タブレットのウィルスによる被害が増えています。NHK のニュースでも特集が組まれていたので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

IPA でも Android のウィルスに関する注意喚起が行われています。

では、Android ではどのようにウィルス対策を行なっていけばよいのでしょうか。

そもそも Android でウィルス対策は必要なのか?

Android OS を作っている Google のエンジニアは、Android OS の仕組みでは、従来のパソコンのようなウィルスが生まれる可能性は低いと主張しています。

ですが、Android の仕組みがある程度安全なものだとしても被害は受けてしまうので、ウィルス対策は必要というのが現実的なところでしょう。実際、IPA でもウィルス対策を行うことを推奨しています。

ウィルス対策その前に

Android (スマートフォン・タブレット)はパソコンと同じような仕組みであるため、小さなパソコンとして考えて対策することが必要です。また、スマートフォンは重要な個人情報が多いため、情報漏洩したときの被害の大きさも意識しておきたいところです。

そして、ウィルス対策とは別に以下の対策を行ないます。

Android OS のアップデートを行う

セキュリティ上の脆弱性が発見された場合、Android OS のアップデートが提供されます。アップデートが提供された場合はすみやかにアップデートを行いましょう。

残念ながら、Android OS でアップデートが提供されても、日本のキャリア・端末メーカーがアップデートを提供しないことがあります。

スマートフォンにおける改造行為を行わない

いわゆる root 権限を取得するというものです。メーカーのサポートを受けられなくなるデメリットもあるため、行わないようにしましょう。

信頼できる場所からアプリをインストールする

Android マーケット、もしくは信頼できる場所からのみアプリをインストールするようにします。Android マーケットで公開されるアプリと同じ名前で、ウィルスを混入させたものを別サイトで配布したという事例もあります。

また、Android では、設定 >> アプリケーション >> 提供元不明のアプリのチェックはオフにしておきます(既定はオフ)。Android マーケット以外で信頼できる場所からインストールする場合は、一時的にオンにして、インストール後はすぐにオフにしましょう。

app

アプリをインストールする前にアクセス許可を確認する

Android のアプリは、インストール時にアクセス許可を求めてきます。インストールしようとしているアプリがどのような権限で動作するかを確認し、あやしい内容の場合はインストールしないことが重要です。

権限は以下のように表示されます。個人情報を扱わないアプリなのに個人情報へのアクセス許可を求めている場合はあやしいですね。

app2

Android 向けウィルス対策アプリ

携帯キャリアが提供する Android 向けウイルス対策アプリ

ドコモ、au、ソフトバンクは Android 向けウィルス対策アプリを提供しています。

ドコモとソフトバンクは無料で提供していて、au は2012年2月末までは無料ですがその後は月額315円/税込になります。au は有料ですが、端末紛失時のリモートロックや Web フィルタリング機能などもあります。

ドコモとソフトバンクは McAfee、au はウィルスバスターを利用しているので、まずは携帯キャリア提供のウィルス対策アプリを利用を検討することがよいでしょう。

メーカー提供の Android 向けウィルス対策アプリ

メーカー提供のウィルス対策アプリには以下のようなものがあります。

単にウィルスを検出するだけでなく、端末紛失時のサポート等がついているのが特徴です。

無料で提供されているウィルス対策アプリ

無料で利用できるウィルス対策アプリには、AVGの「Antivirus Free」や「ウイルス対策セキュリティアプリ Lookout」が有名です。

他にも無料のアプリはありますが、以下のような情報もありますので、本当に効果のあるアプリなのか確認してから利用しましょう(ちょっと偏りのある調査内容ですが)。

Android 向けウィルス対策アプリの限界

ウィルス対策アプリを入れたからといって万全ではありません。

パソコンのアンチウイルスソフトウェアとは異なり、Android 向けウィルス対策アプリは通常のアプリと同等の権限で動作するため、他のアプリによって強制終了させられたり、システム領域のウイルスは検出できても駆除できません。

このため、「ウィルス対策その前に」の対策が重要になります。

ドコモユーザーにおすすめのウィルス対策方法

ドコモユーザーであれば、迷わず「ドコモ あんしんスキャン」をインストールしましょう。無料であるだけでなく、パソコンの世界で実績のある McAfee のものなので信頼できます。

これに「Lookout」もインストールして2重にウィルス対策します。「Lookout」のよいところは、無料版であっても GPS を有効にしていれば、Web サイトから端末の場所をかなり正確に把握することができます(英語サイトですが)。

また、プレミアム契約($2.99/月 or $29.99/年)をすれば、端末が紛失してしまったときに端末のロックや、ワイプ(データの消去)まで行うことができます。

参考サイト

関連エントリー


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから