2011/04/18

IE10 のユーザーエージェント


(2012/07/13追記)
Windows 8 Release Preview がリリースされたことに合わせて、IE10 のユーザーエージェントが変更になりました。詳しくは以下のエントリーを参照してください。

日本語版 IE9 がまだリリースされていないのに、IE10 Platform Preview 1 が早くもリリースされましたね。

IE9 は Windows Vista 以降でないとインストールできませんでしたが、IE10 Platform Preview は Windows 7 以降でないとインストールできないのが残念なところ。

Windows XP / Vista は切り捨てられてしまうのでしょうか。

さて、その IE10 ですが、IE Blog にて、ユーザーエージェントの文字列が紹介されています。

Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; Trident/6.0)

互換モードを利用して IE7 として動作せた場合のユーザーエージェントは、以下のようになります。

Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.1; Trident/6.0)

IE のバージョンは変わりますが、Trident のバージョンは変わらないので、互換モードで IE10 ということが分かります。

ただ、ユーザーエージェントを文字列処理していると、IE10 が IE1 と認識されてしまう可能性があるため、ユーザーエージェントで処理を切り替えているサイトでは注意が必要ですね。

■関連エントリー


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから