2010/06/18

Office 2010 向けに日本語互換フォントパッケージが無償提供されたらしい


MSがOffice 2010で日本語フォント環境を強化 - ニュース:ITpro

Office 2010 では、JIS2004(JIS X 0213:2004) 規格に、よく使用される以下のフォントが対応した模様(以下、フォントA)。

  • HG丸ゴシックM-PRO
  • HG明朝E
  • HGゴシックE
  • HG創英角ポップ体
  • HG創英角ゴシックUB

Windows Vista/7 では、標準で以下のフォントしか JIS2004 規格に対応していなかったのですが、対応フォントが Office 2010 で増えたようですね(以下、フォントB)。

  • MS ゴシック
  • MS Pゴシック
  • MS UI Gothic
  • MS 明朝
  • MS P 明朝

ただ、JIS2004 フォントになってしまうと、それはそれで互換性の問題が起きるので、以下のフォントパッケージが無償提供されました。

ただ、上記フォントは フォントA にしか対応していないので、フォントB のフォントを統一するためには、別に以下より「JIS2004互換フォント」もしくは「JIS90互換フォント」のフォントパッケージをインストールする必要があります。

なお、Microsoft は互換フォントパッケージを提供するのは Windows 7 が最後と言っているので、JIS2004 フォントへの移行が必要になりますね。といっても、そんなに簡単な話ではありませんけどね。。。

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから