« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010/01/30

今更ながら Google Chrome 4.0 にバージョンアップ+拡張機能を入れてみた

今更ながらですが、自宅の Google Chrome をバージョン 4.0 にして、拡張機能もインストールしてみました。

Chrome の拡張機能は、Firefox のようにインストール後に再起動を要求しないのがいいですね。あと、拡張機能をたくさんインストールしてもパフォーマンスが落ちない(気づかない)というのがいいです。

インストールした拡張機能は後述のものになります。

仕事がら情報収集をするためにいろんなサイトを訪れるので、Firefox の NoScript, FlashBlock, CookieSafe あたりが登場すると、Firefox から Chrome に完全に乗り換えるのもありかな、と思います。

ただ、ネットを見ていると、NoScript は Chrome の API の関係で難しいのではないかという情報があったので、難しいかもしれせんね。

それにしても Chrome は軽い。。。

  • Go Extentions
    • 自分がインストールしている拡張機能一覧へのショートカット
  • IE Tab
    • 現在表示しているページを、IE のレンダリングエンジンで新規タブに表示
  • Chrome Gestures
    • マウスジェスチャー便利。関係ないけど Firefox のアドオンに FireGesture ってあるんですね。今まで All-in-One Gestures を使用していたんですが、バージョンアップが遅くて困って他のでなかなかいい感じ。
  • ChromeMUSE - Multi-URL Shortener/Expander
    • 1クリックで短縮URLを作成しクリップボードにコピー。bit.lyだけでなく多くのURL短縮サービスに対応。
  • AutoPager Chrome
    • Firefox の AutoPagerize の Chrome 版。これがあるとないとでは、生産性が全然違う。
  • Hatena Bookmark GoogleChrome extension
    • はてなのブックマーク数とコメントを表示
  • Delicious Tools
    • delicious のサービスと連携。Firefox のアドオンのようにサイドバーに組み込まれないけど、ほどほどに使える。
  • Xmarks Bookmarks Sync
    • ブックマーク共有サービスの Xmarks の拡張機能。これで、IE, Firefox, Chrome で同じブックマークを使用できる。試してないけどサイトを見ると Safari もできるっぽい。
  • Chromed Bird
    • 標準的な twitter クライアント

■関連エントリー

■参考サイト

 

2010/01/26

Google Chrome 4.0 の安定版がリリースされたらしい

グーグル、Windows向けに「Google Chrome 4.0」の安定版をリリース:ニュース - CNET Japan

Google Chrome 4.0 の安定版がリリースされたということで、早速アップデート。

これで、Chrome でも拡張機能を安心して試すことができるようになりましたね。

ただ、Google Chrome のサイトから最新版をインストールしようとしたらエラーになりインストールできませんでしたが、Chrome からのアップデートはできました。

うまくインストールができない方はお試しを。

 

Tags: ,

2010/01/24

Microsoft の勉強会キット

マイクロソフト
勉強会キット - Microsoft Power to the PRO

上記にて社内の勉強会などで使用できる資料が公開されています。

現在公開されているのは、Windows Server の自動管理、.NET Framework 4、SQL Server 2008 となています。

勉強会だけでなく、自習用としても使えそうなのでメモ。

.NET Framework 4 技術資料一覧

.NET
Framework 4 技術資料一覧

上記にて、.NET Framework 4 の技術情報がまとめられています。とりあえずメモ。

関係ないですが、なんで .NEt Framework のバージョンが 4.0 ではなく 4 なんでしょうね。

2010/01/22

Firefox 3.6 正式版リリース&インストールしてみました

Firefox 3.6正式版の配布開始は1月22日の午前2時ころ - ニュース:ITpro

Firefox 3.6 正式版が、今日(1月22日)の午前2時ころにリリースされたとのことなので、早速インストールしてみました。

今までのバージョンと比べると、確かに起動時間がかなり早くなっていますね。体感的には IE より少し遅いくらい。これなら十分使用できるレベルになっていると思います。

あと、一部のアドオンは対応されていないので、バージョンアップされる方はご注意を。

ちなみに私の環境でまだ Firefox 3.6 に対応していなかったアドオンは以下のものです。

  • All-in-One Gestures
  • Clear Cache Button
  • Cookie Safe
  • Extended Copy Menu
  • Mouseover Dictionary
  • Safari View from Windows
  • SBM カウンタ

結構使用するアドオンで対応されていないものもありちょっと不便ですが、まぁ主要なアドオンはだいたい使えるので、このままアドオンがバージョンアップするのを待ちたいと思います。

Firefox のダウンロードは以下よりどうぞ。

 

Tags:

2010/01/21

Visual Studio 2010 の米国販売は2010年4月12日らしい

現場開発者から見たVisual Studio 2010 - @IT

@ITの記事によると、Visual Studio 2010 の米国での販売は2010年4月12日とのこと。日本語のリリースは未定のようです。

また、2010年2月には出荷候補(RC:Release Candidate)版の提供が予定されているようです。

いよいよリリースが近づいてきました。

開発現場が新バージョンリリースの速度についていけているかはおいておきますw

 

■関連エントリー

 

「安全なウェブサイトの作り方 改訂第4版」が公開されたらしい

過去の失敗例に学ぶウェブサイトのセキュリティ--IPAが資料の改訂版を公開:ニュース - CNET Japan

Web サイト/アプリケーションを作る際のセキュリティ対策として、教科書のようになっている IPA の「安全なウェブサイトの作り方 改訂第4版」が公開されたとのこと。

改訂内容は以下のようになっています。

改訂第4版では、「OSコマンドインジェクション」「パス名パラメータの未チェック」「クロスサイトリクエストフォージェリ」「HTTPヘッダインジェクション」の4種類の脆弱性に関する失敗例を追加。従来の「SQLインジェクション」「クロスサイトスクリプティング」に関する失敗例に加えて、サイト作成で起こりがちな失敗を例示している。

さらにWAF(Web Application Firewall)の動作原理、その利用が有効な状況、導入検討における留意点が追加され、WAFの活用に向けた情報を充実させている。

過去の失敗例に学ぶウェブサイトのセキュリティ--IPAが資料の改訂版を公開:ニュース - CNET Japan

失敗例は非常に参考になるので、その具体例が増えたのはうれしいですね。また、WAF の解説が追加されたのもいいですね。

あと、今までは「安全なウェブサイトの作り方」の巻末にあったチェックリストが、Excel 形式でダウンロードできるようになったので利用しやすくなったと思います。

また、いつの間にか英語版の「安全なウェブサイトの作り方」も公開されているようなので、オフショア開発でのセキュリティ意識のすりあわせに役に立ちそうです(但し、英語版は2010/01/21時点で第3版の内容)。

ダウンロードは以下よりどうぞ。

情報処理推進機構:情報セキュリティ:脆弱性対策:安全なウェブサイトの作り方

 

2010/01/19

Office 2010 の発売予定は2010年6月らしい

Office 2010 の発売予定は 2010年6月になったようですね。

マイクロソフトは2010年1月18日、「Office 2010」に関する記者説明会を開催した。Office 2010は、2010年6月に発売予定の次期Office製品。

「日常的によく使う機能を改善した」---マイクロソフトがOffice 2010のコンセプトを説明:ITpro

実は初めて知ったのですが、以前から発売予定が決まっていたかのような記事の書き方なので、どこかで発表があったのかもしれませんね。

 

Tags:

2010/01/16

Windows Azure Platform 概要

とあるコンサルタントのつぶやきさんのところで、Windows Azure 関連の Part 2. として「Windows Azure Platform 概要」が解説されています。

毎回のことながら、わかりやすくクオリティが高い。

さすがです。

 

■関連エントリー

 

2010/01/15

Silverlight 3 でデバッグが実行できないとき

Silverlight 3 で、「デバッグを開始できません。Silverlight マネージ デバッグ パッケージがインストールされていません。」のエラーが表示されるとき、下記サイトの開発者用Silverlightをインストールしたらうまくいきました。

 

忘れないようにメモ。

 

Excel でガントチャートを使いプロジェクト管理ができる「開発マイルストーン」が3ヶ国語に対応

開発マイルストーン

 

久しぶりに最新版を使ってみたら、Excel でガントチャートを使いプロジェクト管理ができる「開発マイルストーン」が日本語・英語・中国語の3ヶ国語に対応していました。

 

もともとフリーなのに機能が豊富なツールですが、3ヶ国語に対応したことでオフショアなどのスケジュール管理や共有で力を発揮しそうですね。

 

 

 

■関連エントリー

   

 

 

2010/01/14

ComponentOne Studio 2010J は Silverlight 3対応コンポーネントが含まれているらしい

Silverlightにも対応したコンポーネントスイート 「ComponentOne Studio 2010J」発売決定:CodeZine

ComponentOne Studio 2010J は Silverlight 3対応コンポーネントが含まれているとのこと。また、Visual Studio 2010 がリリースした際には対応する予定だそうです。

Silverlight コンポーネントのデモは以下より確認できます。

Component OneStudio は 1 開発ライセンスが 199,500円 と少々お高いですが、内容はいいですね。

 

とあるコンサルタントのつぶやき技術情報一覧がいい感じ

とあるコンサルタントのつぶやき : 技術情報一覧 via おぎわら@.NET道場 Blog(わんくま編)さん

いつも大変参考になる技術情報を公開してくださる Microsoft の中の人の技術情報が、一覧形式でまとめられています。

これはとても便利!

 

■関連エントリー

 

Tags:

2010/01/13

長崎県が全国初の自治体クラウドを県外に提供するらしい

全国初、長崎県が「自治体クラウド」を県外にも提供へ
- ニュース:ITpro

長野県が全国で初めて運用している「自治体クラウドサービス」を、県外にも提供し全国展開を目指すとのこと。

現在提供しているのは電子県庁システムで、今後はグループウェアなども提供する予定のようです。

クラウドの形態としては SaaS (Software as a
Service)で、自治体の業務はかなり共通部分があるでしょうからサービスとしての価値も高そうです。

それにしても、自治体がクラウドサービスを提供するというのはおもしろいですね。

Microsoft が XML 特許問題で Word の更新パッチを公開したらしい

Microsoft、XML特許問題でWordを修正 訴訟は継続 - ITmedia News

Microsoft が Word のカスタム XML が特許侵害を侵害しているという裁判所の判断により、オンラインストアでの Office 2007 の販売を一部停止し、Word 2003/2007 のカスタム XML 機能を修正するパッチを提供したとのこと。

ただ、Word 2003 では Microsoft から連絡のあった顧客、Word 2007 では米国およびその領土内の顧客はパッチの適用を行わなければならないようです。ということは、よくわかりませんが日本ではその効力が及ばないということ?

なお、パッチは以下よりダウンロード可能です。

 

Tags:

2010/01/11

マイクロソフトのクラウドコンピューティング “S+S” 概要

マイクロソフトの中の方が、クラウドとは何か、そしてマイクロスコープが推進しているクラウドコンピューティングの ”S+S” 戦略について技術者向けに解説されています。

長文ですが、わかりやすく現実的な内容になっているので参考になるのではないでしょうか。

今回は Part1で、Part2,Part3 と続くようなので楽しみですね。

ASP.NET MVC2 について

ASP.NET MVC 2 - ScottGu's Blog

 

英語の記事ではありますが、Microsoft の中のひとが ASP.NET MVC 2 について解説しています。今後書かれる予定の記事の目次にもなっているので、このページをチェックしていると、ASP.NET MVC 2 の概要が分かるようになっています。

 

ScottoGu 氏の記事は@ITにて翻訳記事が比較的早く掲載されるので、そちらを確認するのもいいかもしれませんね。

 

この記事で、なるほどと思ったことメモです。

 
       
  • ASP.NET MVC 1 の知識はそのまま ASP.NET MVC 2 になっても使える
  •    
  • ASP.NET MVC 2 は VS2010 に最初から組み込まれている
  •    
  • ASP.NET MVC2 は VS2008/.NET3.5 と VS2010/.NET4 で利用可能
  •    
  • ASP.NET MVC は ASP.NET のオプションという位置づけであり、メインは今後も ASP.NET Web Form
 

ふーむ。ASP.NET MVC の使いどころが今ひとつ分からないんですよね。

 

MVC モデルで行きたいなら .NET ではなく Java などの他の環境を利用すればいいだろうし、.NET で行くなら ASP.NET Web Form の生産性を取りそうな気がするし。

 

ASP.NET MVC の適用可能性としては、大規模 Web サイトとかになるのかなぁ。そうすれば管理が楽になるとか?

 

今ひとつまとまりがないエントリーですが、こんなところで。

(2010.01.14追記)
日本語翻訳記事が登場しました。

あと、コメントで情報をいただいたのですが、やはり ASP.NET MVC は大規模 Web サイトの開発に向いているようですね。おぎわらさん、情報ありがとうございました。

 

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから