2009/10/30

VMWare Player で仮想PCを作成できるようになったらしい


窓の杜 - 【NEWS】VMwareシリーズの最新版が公開、無償の「VMware Player」に仮想PC作成機能が追加

VMWare Player 3.0 では、VMWare Workstation v6.5 相当の機能が多数移植され、仮想PCを作成可能になり、Windows 7 や 64bit にも対応しているとのこと。

また、仮想PC上のアプリケーションをホストPCのアプリケーションのように利用できる“Unity”モードも利用できるそうです。

うーん。これはすごい。

無償のユーザー登録が必要ですが、ダウンロードは以下よりどうぞ。

 

■関連エントリー

 

Tags:

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

VMware Player 3利用してみました。
Unityモードはメニューにはあるのですが、有効にすると、Workstationにアップグレードしてくださいってなります。

その他は非常に快適に動作します!
特にゲストOS簡易インストール機能は便利です。

>>ホマホマさん

>Unityモードはメニューにはあるのですが、有効にすると、Workstationにアップグレードしてくださいってなります。

なんと!それは残念。。。
情報ありがとうございます。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから