2009/09/17

Visual Studio 2010 では Silverlight でコンポーネントのドラッグ&ドロップできるっぽい


記事の一部にそれっぽい内容が。。。

IDEの開発生産性については,従来のVisual Studio 2008では,ドラッグ・アンド・ドロップを使った開発ができないなどの課題があった。だが,今後出荷を予定している「Visual Studio 2010」や「Expression Blend 3」などの機能強化によって課題が解決されるとした。

[XDev2009]「Silverlightが業務アプリに向く」---グレープシティの八巻氏が熱弁 - ニュース:ITpro

あと、グレープシティは Component OneStudio for Silverlight の国内販売を検討しているとのこと。これは楽しみ。

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから