2009/05/16

Windows 7 の XP モード


Windows 7 には、デスクトップ仮想環境として「Windows XP Mode」が搭載される模様。

XP モードは、Virtual PC 上で Windows XP が仮想環境動作し、アプリケーションはその内部で動作するようです。ここまでは通常の仮想環境ですが、ちょっと工夫がされている?

ダウンロードしたアプリケーションやCD-ROMを使ったアプリケーションのインストールは、一般的な手順で行い、Windows 7上のスタートメニューに収まる。アプリケーションの起動は1クリックだ。

なお、仮想環境の XP にもセキュリティ対策は必要とのこと。

あと、CPU によっては XP モードは動作しないようですね。

開発者視点ではおもしろいのですが、運用視点からすると便利なような不便なような微妙な機能ですね、これは。

なお、Microsoft は、大企業には Windows 7 出荷後90日以内にリリースされる「Microsoft Enterprise Desktop Virtualization」(MED-V)の利用を勧めているようです。

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから