2009/03/07

Windows PowerShell で IIS 7.0 のサイト管理を行う


Windows PowerShell を使用して、IIS 7.0 のサイト管理を行う方法を調べてみました。

今回行う内容は、サイトの作成、アプリケーションプールの作成、仮想ディレクトリの作成になります。

まず、デフォルトではファイルからのスクリプト実行が無効になっているので、下記のコマンドで有効にします。終了後に無効にします。

PS C:\script> set-executionpolicy unrestricted

下記のスクリプトを、c:\script\iis.ps1 に保存します。

#
# 初期処理
#
$SITE_NAME = "Sample Site"
$APPLICATIONPOOL_NAME = "MyApplicationPool"

[System.Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("Microsoft.Web.Administration")
$iis = new-object Microsoft.Web.Administration.ServerManager

#
# サイトの作成
#
$mySite = $iis.Sites.Add($SITE_NAME, "C:\inetpub\wwwroot\samplesite",  8080)
$mySite.ServerAutoStart = $true

#
# アプリケーションプールの作成と設定
#
$iis.ApplicationPools.Add($APPLICATIONPOOL_NAME)
$iis.Sites[$SITE_NAME].Applications[0].ApplicationPoolName = $APPLICATIONPOOL_NAME

#
# 仮想ディレクトリの作成
#
$iis.Sites[$SITE_NAME].Applications.Add("/VirtualDirectory", "C:\inetpub\wwwroot\virtualdirectory")

#
# 終了処理
#
$iis.CommitChanges()

下記のコマンドを実行すると、サイトが正しく作成されました。

PS C:\script> .\iis.ps1

作業が終了したので、ファイルからのスクリプト実行を無効に戻します。

PS C:\script> set-executionpolicy restricted

Windows PowerShell を利用すると、Web サーバの管理が簡単にできそうでいい感じです。

ただ、そのものズバリのサンプルコードはまだほとんどないようなので、調べるのはちょっと大変かもしれません。

 

■参考サイト

 

■関連エントリー

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから