2009/02/28

Windows Server 2008 の最初のサービスパックは SP2 らしい


Microsoft,Windows Vista SP2のRC版を公開:ITpro

タイトルの通りですがこれは分かりにくいですね。。。

同社はWindows VistaとWindows Server 2008の両方に適用できるサービス・パックを1つだけ用意することで,配布作業の簡略化を図る。SP2という名称の通り,Windows Vista用としては2つ目のサービス・パックだ。ところが,Windows Server 2008にとっては初めてのサービス・パックとなる。その理由について,同社は「Windows Server 2008は最初のリリース時点でSP1適用済みだったから」と説明している。

Microsoft,Windows Vista SP2のRC版を公開:ITpro

Windows Server 2008 R2 が Windows 7 だったりするし、サーバ管理をされている方が混乱しなければいいのですが。。。

なお、記事によると Windows Vista/Windows Server 2008 の正式リリースは 2009 年 4 月になるようです。結構すぐですね。

 

■関連エントリー

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから