« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009/02/28

Windows 7 開発者ガイドが公開されています

Windows 7 開発者ガイド via 開発者のみなさまのために

Microsoft より Windows 7 開発者ガイドのページが公開されています。

結構、情報量が多いですね。

 

Windows 7 でも VB 6 ランタイムがサポートされるらしい

Andrew Coates ::: MSFT : VB6 Runtime Supported in Windows 7
Support Statement for Visual Basic 6.0 on Windows Vista and Windows Server 2008
  via 中の技術日誌ブログさん

VB 6 のランタイムが Windows 7 でもサポートされるとのお話です。

VB 6 IDE は 2008 年 4 月 8 日で延長サポートが終了していますがこちらには変更はなく、サードパーティ製のサポートは提供されないとのことです。

うーん。喜ぶ人もいると思いますが、困る人も多い気がしますが。。。

 

Windows Server 2008 の最初のサービスパックは SP2 らしい

Microsoft,Windows Vista SP2のRC版を公開:ITpro

タイトルの通りですがこれは分かりにくいですね。。。

同社はWindows VistaとWindows Server 2008の両方に適用できるサービス・パックを1つだけ用意することで,配布作業の簡略化を図る。SP2という名称の通り,Windows Vista用としては2つ目のサービス・パックだ。ところが,Windows Server 2008にとっては初めてのサービス・パックとなる。その理由について,同社は「Windows Server 2008は最初のリリース時点でSP1適用済みだったから」と説明している。

Microsoft,Windows Vista SP2のRC版を公開:ITpro

Windows Server 2008 R2 が Windows 7 だったりするし、サーバ管理をされている方が混乱しなければいいのですが。。。

なお、記事によると Windows Vista/Windows Server 2008 の正式リリースは 2009 年 4 月になるようです。結構すぐですね。

 

■関連エントリー

 

2009/02/22

フリーの高機能プロジェクト管理ソフト「OpenProj」を試してみました

Home | Serena Open Source and Hosted Project Management Software via GIGAZINE

フリーでありながら Microsoft Project 互換の高機能プロジェクト管理ソフトである「OpenProj」を試してみました。

■動作環境

Java で作成されているため Windows/Mac/Linux で動作可能で、GIGAZINE によると JRE1.5以上で動作するとのこと。

一応、SOURCEFORGE.NET では以下のような動作環境になっていました。

# Operating System : All 32-bit MS Windows (95/98/NT/2000/XP), All POSIX (Linux/BSD/UNIX-like OSes), OS X
# Programming Language : Java 

http://www.projity.com/

■Microsoft Project ファイルとの互換性

GIGAZINE の記事にならいこちらから Microsoft Project のファイル(mpp形式)をダウンロードして、OpenProj で開いてみました。

Microsoft Project ファイルを開く

ちゃんと表示されていますね。すごいすごい。

開けるファイル形式は以下のものになります。

  • Serena(*.pod) 
  • Microsoft Project (*.mpp,*.mpx) 
  • Microsoft Project 2003 XML (*.xml) 
  • Gnome Planner (*.planner)

ただ、mpp ファイルを編集して保存しようとすると以下のようなメッセージが。。。

ファイル保存時メッセージ

しかも、そのあとで保存できるのは以下の形式だけです。

  • Serena(*.pod) 
  • Microsoft Project 2003 XML (*.xml)

mpp ファイルを直接編集できるかと期待してたのでちょっと残念。でも、フリーでここまでできるのはすごいですけどね。

 

■プロジェクト管理機能

とりあえずできること。

  • 日本語 OK
  • タスクのリンク・アンリンク(先行タスクは数値設定も可)
  • 期限とマイルストーンの両方設定可能
  • タスクのタイプ(開始条件)も設定可能
  • ズームイン・ズームアウト可能
  • 複数のビューがあり便利
    • ガント・トラッキングガント・ネットワーク・リソース・プロジェクト・WBS・RBS・タスク割り当て詳細・リソース利用状況など。なお、RBS の R は Risk ではなく Resource っぽい。

今のところできないことやいまひとつなこと。

  • ガントチャートでのリソースフィルタができない
    • これはグループ化とソート機能で代替可能
  • リソースの平準化はない
    • ヒストグラムによってある程度はタスク超過のリソースを見つけられそう
  • カレンダー設定がうまくいかない?
    • リソース単位のカレンダーはないっぽい
  • パフォーマンスが悪い
    • サポートページを見ると最新バージョンのJava だとだめっぽいので直るかも
  • タスク情報が英語表記
  • インデントなどのショートカットがないのはきつい

 

■感想

Microsoft Project のビューアとして使用するのはいいのですが、本格的にプロジェクト管理で利用するのはちょっと厳しい感じです。まぁ、私も Microsoft Project を使いこなせている訳ではないので大きなことはいえないのですが。。。

でも、フリーでここまでの機能を提供できている OpenProj はやっぱりすごいと思います。これからのバージョンアップに期待したいですね。

あと、小規模から中規模程度の開発なら OpenProj よりは 開発マイルストーンを利用した方が、利用環境や学習コストを考えると便利かと思います。

 

■余談

Microsoft Project との互換性を確認しようとして Microsoft Project 2007 の体験版をインストールしてみたのですが、体験版ではファイルを保存できませんでした。。。

 

OpenProj と試したときのスナップショット

 

■関連エントリー

 

2009/02/21

Visual Studio .NET 2002 / .NET Framework 1.0 のサポートが 2009 年 7 月で終了するらしい

タイトルの通りですが、Visual Studio .NET 2002 / .NET Framework 1.0 の延長サポートが 2009 年 7 月で終了するとのことです。

Visual Studio .net 2002 および .NET Framework 1.0 サポート終了に関するお知らせ

Visual Studio .net 2002 および .NET Framework 1.0 の延長サポートが 2009 年 7 月 14 日をもって終了いたします。延長サポート終了後はサポートポリシーに基づきサポートの提供が原則行われなくなります。ご検討のうえ、最新の環境へ移行されることを強くお勧めいたします。

.NET Framework デベロッパー センター

.NET Framework 1.0 で構築されたシステム関係者の方はご注意ください。

それにしても、.NET Framework デベロッパーセンターのハイライトには上記内容が表示されているのに、リンクをクリックしても該当ページに飛ばないのが不思議ですが。。。

 

、.NET Framework デベロッパーセンター

HTTP ステータスコードの解説がいい感じ

web開発者なら知っておきたい HTTPステータスコード - livedoor ディレクター Blog(ブログ)

上記の HTTP ステータスコードの解説が、ステータスコードの範囲による意味や代表的なステータスコードも掲載されていていい感じです。

 

2009/02/20

複数バージョンの IE を表示可能な「IETester」が IE 8 RC1 に対応したらしい

My DebugBar | IETester / HomePage via CodeZine

複数バージョンの IE を 1 台の PC で表示させることのできる「IETester」が、IE8 RC1 版に対応したとのこと。これで、IE 5.5 ~ IE 8 RC1 版まで表示可能になりました。

これはありがたいですね。

 

IETester

 

■関連エントリー

 

2009/02/15

Windows Vista Home Premium Edition でも Virtual PC 2007 はとりあえず動く模様

Virtual PC 2007 は、Windows Vista Home Premium Edition をサポート対象としていません。

サポートされているオペレーティング システム : Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86); Windows Server 2003, Standard x64 Edition; Windows Vista Business; Windows Vista Business 64-bit edition; Windows Vista Enterprise; Windows Vista Enterprise 64-bit edition; Windows Vista Ultimate; Windows Vista Ultimate 64-bit edition; Windows XP Professional Edition ; Windows XP Professional x64 Edition ; Windows XP Tablet PC Edition

ダウンロードの詳細  Virtual PC 2007

実際、Virtual PC 2007 を Windows Vista Home Premium Edition にインストールしようとすると、以下のような警告メッセージが表示されますが、とりあえずインストールは継続できます。

Virtual PC インストール時メッセージ

 

そして、インストール終了後に Virtual PC 2007 を起動すると、また以下のようなメッセージが表示されますが、そのまま起動できます。

Virtual PC 起動時メッセージ

 

実際に起動すると、正式サポートではないものの一応は使用できるようですね。

Virtual PC 起動画面

 

無償環境で Silverlight 開発を行う解説記事

無料Visual Studioで始めるSilverlight 2超入門(1/4) - @IT

メモメモ。

 

無償環境で Windows Azure の開発ができるらしい

無償開発環境で試すWindows Azureクラウド開発 - @IT

以下の環境で Windows Azure のクラウド開発ができるとのこと。

  • Windows Vista SP1/Windows Server 2008
  • Windows Azure SDK
  • SQL Server 2005/2008 Express Edition
  • Visual Web Developer 2008 Express Edition

へぇ。これはおもしろいですね。

今回の記事はローカル環境のみの解説なので、続編にも期待です。

あと、Azure の用語をまとめている記事があったのでメモです。

 

■関連エントリー

 

Windows Vista Home Premium Edition でも IIS 7.0 が使えるらしい

今ままで、自宅で使用している Windows Vista Home Premium Edition では IIS 7.0 は使えないと思い込んでいたのですが、コントロールパネルで確認してみたら使えることが判明。

全然気がついていませんでした。。。orz

 

IIS7.0

IE 8 RC 版の Virtual PC ディスクイメージがダウンロード可能に

Download details: IE App Compat VHD

今日確認してみたら、IE 8 RC 版 + Windows XP SP3 の Virtual PC ディスクイメージがダウンロード可能になっていました。

Overview
This download page contains four separate VPC images, depending on what you want to test.

    * IE6-XPSP3.exe contains a Windows XP SP3 with IE6 VHD file

    * IE7-XPSP2.exe contains a Windows XP SP2 with IE7 VHD file

    * IE8RC1-XPSP3.exe contains a Windows XP SP3 with IE8 RC1 VHD file

    * IE7-VIS1.exe+IE7-VIS2.rar+IE7-VIS3.rar contain a Vista Image with IE7 VHD file.

Note: For The Vista image, you will need all three files, downloaded and in the same directory, then simply run IE7-VIS1.exe.

This VPC image will expire in April 2009.

使用期限は 2009 年 4 月までになっていますが、動作確認環境としては十分でしょうね。

 

■関連エントリー

2009/02/14

オープンソースのライセンス解説記事がいい感じ

以下のオープンソースのライセンス解説記事がいい感じです。

とかく分かりにくいオープンソースのライセンス。@IT の記事ではフローチャートもあって分かりやすいです。

オープンソースのライセンスはよく理解して利用しないといけませんね。

ただ、オープンソースプロダクトを組み込んだ自分で作成したプロダクトの時で、自分のプロダクトがオープンソースではない場合はどのようなライセンス表記をすればよいのかが分からないんですよね。サンプルも見つからないし。

それは個別に考えるということなのかもしれませんが。。。

 

■関連サイト

Windows 7 の最近の情報メモ

Windows 7 は早ければ今年半ばにリリース?

筆者がMicrosoft内部の関係者から得た情報によると,RC版は「Windows Vista Service Pack 2(SP2)」と同時の4月にリリース,RTM版は2009年半ばのリリースとみられる。

「Windows 7」のベータ版は終了,早ければ今年半ばにリリース:ITpro

Windows 7 のベータ版では、UAC のセキュリティレベルを変更した際に警告がでなかったのが、RC 版では警告が表示されるようになる模様。まぁ、そうでしょうという感じですね。

Windows 7 のエディションは主要が2つで、その他に4つ用意されるとのこと。

  • Windows 7 Home Premium (主要)
  • Windows 7 Professional (主要)
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Ultimate

詳細は下記記事を参照。

あと、Windows 7 と Windows Vista の 32 ビット版と 64 ビット版を比較した興味深いベンチマーク結果が。

WoW64 のオーバーヘッドが約2%という数値が出ていますね。WoW64 のオーバーヘッドは小さいという話は聞いたことがあるのですが、具体的な数値が出てきているのが興味深いです。

あと、64 ビット版は 32 ビット版とパフォーマンスはあまり変わらないと思っていたのですが、64 ビット版の方がかえって遅い?これはクライアント版のみの現象?性能比較をしてなかったのでちょっと意外な結果です。

ベンチマーク結果からは,Windows 7の登場によって64ビット版Windowsが性能面で不利になる場面が減る傾向が見て取れた。「64ビットPC」という言葉に引かれて導入したものの,手持ちの周辺機器が64ビット・ドライバの不備で動作せず,しかも多くの場合処理が遅くなっている。そんな過渡期の64ビットOSの悲哀を味わわなくて済む日が近づいてきた。

Windows 7の64ビット版は“速い”のか:ITpro

■関連エントリー

 

2009/02/09

Excel 2007 で Excel 2003 のカラーを使用する方法

(2011.12.31追記)

カラーパレットをリボンメニューのホームタブに表示して使いやすくし、Excel 2007/2010 の両バージョンに対応した「Excel 2003 カラーパレット・改」を公開しました。

(2009.03.01追記)

簡単に Excel 2003 の色を使用できる Excel アドインを公開しました。

Excel 2007 で色指定をして Excel 97-2003のファイル形式(.xls)で保存しようとすると、以下のような互換性チェックにひっかかってしまいます。

Excel 2007 互換性チェック

まあいいかと思って保存してから Excel 2003 で表示すると、大変微妙な色で表示されてしまい非常に困ってしまいます。

通常では、この問題を回避するために「その他の色」から Excel 2003 で使用できる色を選択する必要があるのですが、「標準」タブから指定できる色が全て OK という訳でもないのが面倒なところです。

Excel 2007 色の設定

 

調べてみたところ、新しい配色パターンを使用すると Excel 2003 のカラーを使用できることが分かりました。

まず、下図のように  ページレイアウト >>  テーマの色 >> 新しい配色パターンの作成 を選択します。

新しい配色パターンの作成

 

新しい配色パターンは10色使用できるのですが、Excel 2003 のカラーパレットに合わせた設定にしたいので、ここでは最初の8色だけ設定します。残りは全て白(RGB(255,255,255))にしてしまいます。

テーマの色

 

色の設定は以下のように RGB で設定します。

色設定

Theme3

 

設定が終わると以下のような感じになるので、これで保存します。

Excel 2003 の色設定

 

保存が済むと、テーマの色のユーザ定義に先ほど保存した定義名(Excel 2003互換1)が表示されるので選択します。

ユーザー定義

 

通常の色設定に戻ると先ほど設定した色を選択可能になります。この色を使用していれば、互換性の問題は起きなくまります。ちょっと表示順が微妙ですが。。。

設定された色

 

これだけだと不便なので、Excel 2003 のカラーパレットをユーザ定義で以下のように作成します。

ユーザー定義名 RGB
Excel 2003 互換1 RGB(0,0,0)
RGB(153,51,0)
RGB(51,51,0)
RGB(0,51,0)
RGB(0,51,102)
RGB(0,0,128)
RGB(51,51,153)
RGB(51,51,51)
Excel 2003 互換2 RGB(128,0,0)
RGB(255,102,0)
RGB(128,128,0)
RGB(0,128,0)
RGB(0,128,128)
RGB(0,0,255)
RGB(102,102,153)
RGB(128,128,128)
Excel 2003 互換3 RGB(255,0,0)
RGB(255,153,0)
RGB(153,204,0)
RGB(51,153,102)
RGB(51,204,204)
RGB(51,102,255)
RGB(128,0,128)
RGB(150,150,150)
Excel 2003 互換4 RGB(255,0,255)
RGB(255,204,0)
RGB(255,255,0)
RGB(0,255,0)
RGB(0,255,255)
RGB(0,204,255)
RGB(153,51,102)
RGB(192,192,192)
Excel 2003 互換5 RGB(255,153,204)
RGB(255,204,153)
RGB(255,255,153)
RGB(204,255,204)
RGB(204,255,255)
RGB(153,204,255)
RGB(204,153,255)
RGB(255,255,255)
Excel 2003 互換6 RGB(153,153,255)
RGB(153,51,102)
RGB(255,255,204)
RGB(204,255,255)
RGB(102,0,102)
RGB(255,128,128)
RGB(0,102,204)
RGB(204,204,255)
Excel 2003 互換7 RGB(0,0,128)
RGB(255,0,255)
RGB(255,255,0)
RGB(0,255,255)
RGB(128,0,128)
RGB(128,0,0)
RGB(0,128,128)
RGB(0,0,255)

 

設定が完了すると、以下のように表示されるようになります。

設定後画面

 

毎回、ページ レイアウトから設定するのは面倒なので、テーマの色を右クリックして「クイック アクセス ツールバーに追加」を選択します。

クイック アクセス ツールバーに追加

 

こうすると、どのリボンメニューを表示していても Excel 2003 のカラーパレットを利用できるようになります。

クイックアクセスツールバーから色指定

 

■参考サイト

 

 

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから