2009/02/09

Excel 2007 で Excel 2003 のカラーを使用する方法


(2011.12.31追記)

カラーパレットをリボンメニューのホームタブに表示して使いやすくし、Excel 2007/2010 の両バージョンに対応した「Excel 2003 カラーパレット・改」を公開しました。

(2009.03.01追記)

簡単に Excel 2003 の色を使用できる Excel アドインを公開しました。

Excel 2007 で色指定をして Excel 97-2003のファイル形式(.xls)で保存しようとすると、以下のような互換性チェックにひっかかってしまいます。

Excel 2007 互換性チェック

まあいいかと思って保存してから Excel 2003 で表示すると、大変微妙な色で表示されてしまい非常に困ってしまいます。

通常では、この問題を回避するために「その他の色」から Excel 2003 で使用できる色を選択する必要があるのですが、「標準」タブから指定できる色が全て OK という訳でもないのが面倒なところです。

Excel 2007 色の設定

 

調べてみたところ、新しい配色パターンを使用すると Excel 2003 のカラーを使用できることが分かりました。

まず、下図のように  ページレイアウト >>  テーマの色 >> 新しい配色パターンの作成 を選択します。

新しい配色パターンの作成

 

新しい配色パターンは10色使用できるのですが、Excel 2003 のカラーパレットに合わせた設定にしたいので、ここでは最初の8色だけ設定します。残りは全て白(RGB(255,255,255))にしてしまいます。

テーマの色

 

色の設定は以下のように RGB で設定します。

色設定

Theme3

 

設定が終わると以下のような感じになるので、これで保存します。

Excel 2003 の色設定

 

保存が済むと、テーマの色のユーザ定義に先ほど保存した定義名(Excel 2003互換1)が表示されるので選択します。

ユーザー定義

 

通常の色設定に戻ると先ほど設定した色を選択可能になります。この色を使用していれば、互換性の問題は起きなくまります。ちょっと表示順が微妙ですが。。。

設定された色

 

これだけだと不便なので、Excel 2003 のカラーパレットをユーザ定義で以下のように作成します。

ユーザー定義名 RGB
Excel 2003 互換1 RGB(0,0,0)
RGB(153,51,0)
RGB(51,51,0)
RGB(0,51,0)
RGB(0,51,102)
RGB(0,0,128)
RGB(51,51,153)
RGB(51,51,51)
Excel 2003 互換2 RGB(128,0,0)
RGB(255,102,0)
RGB(128,128,0)
RGB(0,128,0)
RGB(0,128,128)
RGB(0,0,255)
RGB(102,102,153)
RGB(128,128,128)
Excel 2003 互換3 RGB(255,0,0)
RGB(255,153,0)
RGB(153,204,0)
RGB(51,153,102)
RGB(51,204,204)
RGB(51,102,255)
RGB(128,0,128)
RGB(150,150,150)
Excel 2003 互換4 RGB(255,0,255)
RGB(255,204,0)
RGB(255,255,0)
RGB(0,255,0)
RGB(0,255,255)
RGB(0,204,255)
RGB(153,51,102)
RGB(192,192,192)
Excel 2003 互換5 RGB(255,153,204)
RGB(255,204,153)
RGB(255,255,153)
RGB(204,255,204)
RGB(204,255,255)
RGB(153,204,255)
RGB(204,153,255)
RGB(255,255,255)
Excel 2003 互換6 RGB(153,153,255)
RGB(153,51,102)
RGB(255,255,204)
RGB(204,255,255)
RGB(102,0,102)
RGB(255,128,128)
RGB(0,102,204)
RGB(204,204,255)
Excel 2003 互換7 RGB(0,0,128)
RGB(255,0,255)
RGB(255,255,0)
RGB(0,255,255)
RGB(128,0,128)
RGB(128,0,0)
RGB(0,128,128)
RGB(0,0,255)

 

設定が完了すると、以下のように表示されるようになります。

設定後画面

 

毎回、ページ レイアウトから設定するのは面倒なので、テーマの色を右クリックして「クイック アクセス ツールバーに追加」を選択します。

クイック アクセス ツールバーに追加

 

こうすると、どのリボンメニューを表示していても Excel 2003 のカラーパレットを利用できるようになります。

クイックアクセスツールバーから色指定

 

■参考サイト

 

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

知りたかった内容がズバリでした。感謝しています。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから