2009/01/18

VMWare Player + Windows 7 ベータ版インストールメモ


概要

Windows 7 のベータ版がリリースされたので、VMWare Player にインストールした際のメモです。

インターネットに接続するまではいかなかったのですが、まあベータ版ですし雰囲気はつかめるのでこんなものかと。

ISO イメージのダウンロード

下記サイトより Windows 7 のベータ版をダウンロードできます。ただ、ダウンロードには Windows Live のアカウントでログインする必要があります。

ISO イメージのファイルサイズは 2.46GB あり、私の環境では 2時間弱ダウンロードに時間がかかりました。

VMWare ディスクイメージ作成

下記の EasyVMX! という Web サービスを利用すると、VMWare Workstation がなくても VMWare のディスクイメージを作成できるのでとても便利です。

今回は easyvmx v2.0 のメニューから以下の設定でディスクイメージを作成しました。

Virtual Machine Name Windows7Beta
Select GuestOS Windows Vista
Memory Size 512MB
# of CPUs 1CPU
Disk #1 10GB

 

インストール前準備

VMWare Player が ISO イメージを読み込めるように、 *.vmx ファイルをテキストエディタで開いて編集します(赤字部分)。

# Settings for physical CDROM drive
ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.deviceType = "cdrom-image"
ide1:0.startConnected = "TRUE"
ide1:0.fileName = "C:\VMWare\OS\Windows7Beta\7000.0.081212-1400_client_ja-jp_Ultimate-GB1CULFRE_JA_DVD.iso"
ide1:0.autodetect = "TRUE"

*.vmx ファイルをダブルクリックすると、VMWare Player が起動して Windows 7 のインストールが始まります。

インストール

インストール中のスナップショットを残しておきます。

install01

install02

install03

install04

install05

install06

install07

install08

install09

install10

install11

 install12

インストールにかかった時間は40分弱といったところです。

インストール後処理

一度シャットダウンしてから *.vmx ファイルを元に戻します(赤字部分)。

# Settings for physical CDROM drive
ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"
ide1:0.startConnected = "TRUE"
ide1:0.fileName = "auto detect"
ide1:0.autodetect = "TRUE"

Windows 7 を起動

これが Windows 7 の画面です。タスクバーが変わっていますが、意外と違和感がないですね。何も起動していない状態だとメモリも 292MB しか消費していませんし、バーチャル環境なのに結構サクサク動いていい感じです。

Windows7

補足情報

最初は Virtual PC 2007 で環境を作ろうかと思っていたのですが、Windows Vista Home Premium Edition はサポート対象外だったので見送りました。多分動作はするのでしょうが、ちょっと意外ですね。

VMWare Player は最新バージョンの方がよさそうです。最初は、ver 2.0.2 build-59824 を使用していたのですが、ネットワークがらみもあり ver 2.5.1 build-126130 にバージョンアップしました。

バージョンアップの際に、インストーラが以前のバージョンをアンインストールしようとしてハングアップしてしまいました。インストールもアンインストールもできなくなりにっちもさっちもいかなくなったのですが、下記情報を参考にしてなんとか無事にバージョンアップできました。ふぅ。。。

VMWare Player はデフォルトではネットワークを認識しないので、*.vmx ファイルを編集する必要があります(赤字部分)。まあ、それでも今回は接続まではいきませんでしたが。。。

# First network interface card
ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.virtualDev = "e1000"
ethernet0.connectionType = "bridged"
ethernet0.addressType = "generated"
ethernet0.generatedAddressOffset = "0"

参考サイト

関連エントリー


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから