2009/01/03

SEのためのソフトウェアテスト再入門がいい感じ


あなたのテスト、単なる動作確認になっていませんか?:企業IT部門の変革を支援するエンタープライズ実践情報サイト EnterpriseZine via ソフトウェアテストの勉強室さん

「実践力を身につける! SEのためのソフトウェアテスト再入門」という連載が始まっていて、上記は連載第1回になります。

なんか、大路成夫君が江尾伝子さんにメタメタにされていますが、そうだよなぁという内容です。

特に以下の部分はそうそうと思いました。

いくらテストをしても、「テストしました、合格です」という言葉だけでは不十分。結果がどうだったかを客観的に示せることが必要です。

(中略)

証拠物件としては画面のスナップショット、ファイルI/Oがあるなら実行前と実行後のファイルのダンプ、実行のログ、なんていうものが挙げられるね。

こういう証拠物件を残しておかないと、テストをしたのに問題が起きたときに「本当にテストをしたの?」という話になりかねないので大事ですね。

続編が楽しみです。

なお、連載のインデックスは以下のページになるようです。

http://enterprisezine.jp/article/corner/86

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから