2009/01/04

.NET Framework 3.5 SP1 が 1/27 より自動更新開始


2009 年 1 月 27 日より、Windows Update および Microsoft Update を通じて .NET Framework 3.5 SP1 の自動更新が開始されるとのことです。

.NET Framework 3.5 SP1 自動更新について

.NET Framework 3.5 SP1 では .NET Framework 3.5 リリース以降に発見された不具合に対する修正など、皆様のコンピューターを安全に保つ事を目的に Windows Update および Microsoft Update を通じた自動更新を行います。下記の詳細をご確認ください。

自動更新予定日
2009 年 1 月 27 日 (太平洋標準時刻)

※ 変更となる場合があります。変更となった場合はこのページで案内いたします。

Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1  より

これは IT 系ニュースサイトではまだ取り上げられていませんが、結構影響が大きい内容だと思います。

まず、.NET Framework 3.5 と .NET Framework 3.5 SP1 はかなり違いますし、自動更新では以下のものもインストールされます。

  • .NET Framework 2.0 SP2
  • .NET Framework 3.0 SP2
  • GDR (General Distribute Release) Update For .NET Framework 3.5 SP1

.NET Framework 2.0 SP2 と .NET Framework 3.0 SP2 は、.NET Framework 3.5 SP1 のインストールとともにインストールされます。

不思議なのが、.NET Framework 2.0 SP2 が適用されることは 上記 Microsoft のページに情報にあるのですが、.NET Framework 3.0 SP2 については記述がないんですよね。

現象としては、.NET Framework 3.5 SP1 と同時に .NET Framework 3.0 SP2 も適用されていますし、GrapeCity のサポートページにも記述があったので確かだとは思いますが。。。

※.NET Framework 3.5 SP1をインストールすると、.NET Framework 2.0/3.0も、2.0 SP2/3.0 SP2にそれぞれアップデートされます。

[06998] .NET Framework 3.5 SP1が適用された環境では、エラーとなり動作しなくなる < File Upload 1.0J < GrapeCity バグレポート

あと、GDR は .NET Framework 3.5 SP1 をリリース後に発見された不具合パッチ集みたいなものです。ですので、実際に適用される内容は以下のようになります。

  • .NET Framework 2.0 SP2 + GDR
  • .NET Framework 3.0 SP2 + GDR
  • .NET Framework 3.5 SP1 + GDR

影響が大きいと Microsoft も認識しているのか、レジストリ設定することで自動更新から除外する方法も提示されています。

みなさんもご注意ください。

 

余談ですが、.NET Framework 3.5 を適用した時点で .NET Framework 2.0 SP1 と .NET Framework 3.0 SP1 が適用されるんですね。これは気がついていませんでした。

.NET Framework 3.5 のインストールによる SP1 の自動適用について

.NET Framework 3.5 をインストールした場合、自動的に.NET Framework 2.0 および 3.0 のSP1 が適用されます。

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 および Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 1


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

これって、現在.NET Framework 3.5が入ってる環境だけが自動更新の対象なんですよね?
一部blogでは「今回の配信では .NET Framework 2.0、3.0、3.5 の環境に対しまして、全て .NET Framework 3.5 SP1 を適用いたします。 」なんて書き方をしているところがあって、これだと「XPに.NET 2.0だけインストールしている環境」とか「Vistaの標準インストール状態(.NET 3.0)」に対しても強制的に.NET 3.5が入るという見方も出来てしまうので。

>> null さん

> これって、現在.NET Framework 3.5が入ってる環境だけが自動更新の対象なんですよね?

ここは私の方では調査し切れていないところなんですよね。Microsoft のサイトにもそこは明記してなかったと思いますし。

ただ、環境によるのかもしれませんが、Windows Update で .NET Framework 3.0 がインストールされたことがありましたので、ないとも言い切れないとは思っています。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから