2008/10/08

Mono がメジャーバージョンアップしたらしい


Linux向け.NET環境のMonoがメジャーバージョンアップ - @IT

Linux などの環境で .NETアプリケーションを動作させる .NET実装である「Mono」がメジャーバージョンアップして、Mono 2.0 になったとのこと。

今まで互換性が低いだろうと思っていたのですが、意外と互換性が高そう?

Mono 2.0では、既存.NETアプリケーションの互換性検証するツール「Mono Migration Analyzer」(MoMA)も提供する。MoMAを使って4600個の.NETアプリケーションを検証したところ、.NET向けアプリケーションの約45%がコードに変更を加えることなくMono 2.0上で実行でき、約24%が6個所以下のコードの修正で実行できたという。

 

Tags: ,

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

Mac OSXで利用しています。
日本語のフォントを設定しないと文字化けしましたが、
自分の作った簡易アプリケーションはすべて正常に動作してます。
結構使えますよ。

>>むしゃおさん

おぉ。Mac OSXでの動作報告ありがとうございます。
Monoへの見方がが大分変わりました。
少し使い道を考えてみたいと思います。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから