2008/09/07

Visual Studio 2008 SP1 の解説記事


Visual Studio 2008 SP1概説 - @IT

Visual Studio 2008 SP1 は、SQL Server 2008 に対応しただけでなく多くの機能追加がありますが、その解説記事になります。こういうのはありがたいですね。

記事とは別ですが、クライアント環境で使用する機能に限定した .NET Framework Client Profile が Visual Studio 2008 SP1 で追加になっていますが、これはちょっと使いどころに困るかも。

Tech・Ed 2008 で関連セッションに参加した際に、.NET Framework Client Profile は .NET Framework がインストールされていない環境のみにインストール可能とのことでした。

.NET Framework がインストールされている環境だと、.NET Framework 3.5 SP1 をインターネットからダウンロードしてインストールする仕様になっているようです。

.NET Framework と .NET Framework Client Profile の共存ってどうするのかと思っていたのですが、現状では使いどころに悩みますね。今後、使いやすくなっていくことに期待ですね。

 

■関連エントリー

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから