2008/08/31

工事進行基準による進捗管理の変化


工事進行基準が進ちょく管理に変化をもたらす - @IT情報マネジメント

2009年4月から適用される会計基準の「工事進行基準」によって、システム開発の進捗管理がどのよに変化するかという解説記事です。記事末尾のチェックリストがいい感じです。

工事進行基準のやっかいなところは、受託開発側だけでなく発注側も影響を受けることや、会計法で義務づけられていない規模のプロジェクトでも状況により対応する必要があることでしょうか。

また、客観的な進捗管理をどのように担保していくのかもなかなか難しいですよね。

本来は望ましい変化だとは思うのですが、一方で足かせになる懸念もあり複雑なところです。

 

■関連エントリー

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから