2008/07/06

ratproxy - Google 提供のオープンソースWebアプリケーション脆弱性検知ツール


ratproxy - Google Code

Google がオープンソースのWebアプリケーション脆弱性検知ツールを提供したとのこと。

ライセンスは、Apache License 2.0 になります。

ratproxy は、FreeBSD/Linux/Mac OS X/Windows(Cygwin) 上で動作し、クロスサイトスクリプティング(XSS)、クロスサイトスクリプティングフォージェリ(CSRF)、スクリプトインジェクションなど幅広く脆弱性を検知できるようですね。

これはいいかも。

早速試した方がいるようです。すばらしい。

 

(2008.07.12追記)

Cygwinでのレポートも登場。

 

(2008.07.18追記)

詳細な解説記事も登場。

 

以下は、ratproxy のニュースです。

 

■関連エントリー

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから