2008/07/15

Microsoft Sync Framework メモ


まだ正式リリースはされていないのですが、個人的に注目しているものに Microsoft Sync Framework というものがあります。

これはオフラインソリューションを実現するためのフレームワークで、ローカルDBとサーバDB、ローカルファイルとサーバファイルの同期処理を行ってくれるようです。

サーバDBは SQL Server 2005/2008 で、ローカルDBは SQL Server Compact になります。イメージ的には、SQL Server Compact は SQLite に似ているのかな、と思っています。

Sync Framework の概要については以下をご覧ください。

 

情報サイトはこんな感じ。日本語が。。。

 

ネットワークにつながらない場所での仕事も今後は増えていくでしょうから、こういったオフラインソリューションは魅力的だなぁと思っています。

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

SyncFramework楽しみですねsun

同期時の処理パターンを把握してちゃんと書かないと
データ壊しそうですcoldsweats01

>>夏椰さん

コメントありがとうございます happy02

>データ壊しそうです

これは本当にそうだと思います。まだ情報ベースでしか把握していないのですが、Sync Framework で同期処理を行えるとしても、アプリケーションの設計で競合が発生しないような仕組みが必要だろうなと思っています。

例えば、参照機能は全員が使用できるけど更新機能は同時に1人だけ使用とか、ファイル同期であればユーザ単位でファイル分割するとかですね。

まぁ、そういうの踏まえても Sync Framework はいいなぁと思ってます。

期待しすぎという話もありますが。。。coldsweats01

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから