2008/03/19

Windows版Safariが正式リリース


Safari 3.1がリリース、「読み込み速度はIE7の1.9倍」:ニュース - CNET Japan

Windows版Safariの正式版である、Safari 3.1がリリースされました。

ベータ版では日本語を正しく扱えませんでしたが、Safari 3.1は日本語版ということもあり、ちょっと試したところでは日本語も問題なく扱うことができるようです。

表示速度も速いですし、結構いい感じ。

Mac環境を用意するのは企業だと難しいことが多いのですが、とりあえずの動作確認用としての価値もありそうですね。

ダウンロードは以下よりどうぞ。

アップル - Safari - ダウンロード
http://www.apple.com/jp/safari/download/

 

Safari

 

Tags:

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

http://uhiff.orz.hm/uhi_gdipp_part2/
↑があるのでSafariのフォントレンダリングの美麗さという長所も奪われてたり・・・。

WEBブラウジングエンジンがKHTMLというのもSwitやAdobe airがあるから長所になってないし。

とりあえずマウスジェスチャー他が実装されないと普及はしないかも。

>>かえでさん

うーん。Safariを取り巻く環境が変わってきているんですね。Macの世界はまだ分からないことが多いです。。。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから