2008/03/05

SQL Server 2008のデータ圧縮機能はEnterprise版のみらしい


SQL Server最新プレビュー公開、「いずれ使うなら早いほうがよい」とMS - @IT

SQL Server 2008で気になっているのが、データ圧縮機能です。

ストレージサイズ圧縮だけでなく、クエリのパフォーマンスも向上する模様。

圧縮方法は以下のようになってます。

SQL Server 2008は主に2つのデータ圧縮方法を用意している。1つは一般的な「行(ROW)圧縮」。もう1つが斎藤氏がSQL Server 2008の特徴に挙げる「ページ(PAGE)圧縮」。ページ単位で重複しているパターンを抽出し、ページのヘッダ部分にまとめることができる。データベースの種類によっては大きなデータ圧縮が可能になる。さらに詳細なレベルで重複パターンを抽出する方法を組み合わせると、最大で7倍の圧縮率になるという。一般的なワークロードでは平均3倍の圧縮率になるとしている。

SQL Server最新プレビュー公開、「いずれ使うなら早いほうがよい」とMS - @IT

記事の末尾にSQL Server 2008のエディション別の機能があったのですが、データ圧縮機能はEnterprise版のみにしかないようです。

まあ、当たり前といえば当たり前なのですが、ちょっと残念。

 

■関連エントリー

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから