« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008/03/31

コードカバレッジのまとめがいい感じ

ソフトウェアテストの勉強室: コードカバレッジのまとめ

上記記事にて、ソフトウェアテストにおけるコードカバレッジがまとめられています。

知らないものが結構あり勉強になります。

コードカバレッジにも、いろいろあるんですね。

 

■関連エントリー

 

2008/03/29

1台のPCで複数バージョンのIEを動かす「IETester」を試してみました

概要

My DebugBar | IETester / HomePage

1台のPCで、IE5.5/IE6/IE7/IE8 beta1を動作させることができる「IETester」を試してみました。

まだアルファ版のようですが、Windows XP + IE7 と Windows Vista の環境で動作させたところ大きな問題はありませんでした。

ただ、Windows XP + IE6 の環境だと問題があるようですね。

Minimum requirement : Windows Vista or Windows XP with IE7 (Windows XP with IE6 has some minor problems and IE7/IE8 instances do not work under this config)

IETesterのサイトによると既知の不具合として、以下のものがあるようです。

  • リサイズ時に画面の内容が消えてしまう
  • 次へ/戻るボタンが正しく動作しない
  • フォーカスがうまく動作しない

ちょっと気になった部分もありますが、まだアルファ版だからしかたないですかね。

でも、IE8の動作確認環境が簡単にできることや、複数バージョンのIEを扱えることを考えると、デザインチェックや簡単な動作確認には十分使えるのではないでしょうか。

今後のバージョンアップに期待です。

せっかくなので、いくつか機能紹介をしたいと思います。

IETesterの機能


画面スナップショット

IETesterは、Microsoft Office 2007で採用されているリボンインターフェースで作成されていて、画面スタイルの変更もできます。

画面のタブ表示も対応しているので便利ですね。

 IETester

IEのバージョン指定方法

New Tab メニューから、IEのバージョンを選択すると、指定のIEのバージョンで動作するタブが表示されます。

 IEのバージョン指定方法

IEのバージョン確認方法

表示したIEのバージョンは、タブに大きく数字が書いてあります。

 IEのバージョン確認方法

画面並列表示

タブを画面内にドラッグすると、複数のタブを並べて表示することができます。これは便利ですね。

画面並列表示

その他

IETesterは、なかなか便利なツールですね。

あと、同様のツールとしては「Multiple IE」というものもあります。

こちらは、IE3~IE7までをスタンドアロンとして実行可能な便利ツールです。

残念ながら、現在のことろWindows XPでしか動作しませんが、かなり重宝しています。 

参考サイト

2008/03/28

FireFox 3のリリースは2008年6月ころ?

「Firefox 3」が今年の6月にはリリースされる見通しに - GIGAZINE

GIGAZINEによると、FireFox 3のRC1版が2008年5月前半、正式版が2008年6月にリリースということのようです。

あわわ。

かなり複雑なWebアプリケーションで、FireFox 3のベータ版だとレイアウトが大きく崩れたんですよね。これはきついかも。

でも、以下の話はいいかも。

既に現在のベータ版でもメモリ使用量が従来よりも60%減少、JavaScriptの描画速度も劇的に向上し、かなり軽快かつ強力なブラウザに進化を遂げているようです。

「Firefox 3」が今年の6月にはリリースされる見通しに - GIGAZINE

 

Windows Vista SP1 インストール完了

先日、ZoneAlarm の関係で Windows Vista SP1 のインストールが失敗し、Windows Vista SP1をアンインストールすることで元に戻しました。

ですが、ZoneAlarmのバージョンを上げることで解決可能なことが分かり、ZoneAlarmのバージョンを上げた後にWindows Vista SP1をインストールしたら問題なくインストールが完了しました。ふくちさん、情報ありがとうございました。

ZoneAlarmは7.1.248以降のバージョンでWindows Vista SP1に対応しているようです。私が失敗したときのバージョンは7.1.078でした。

Windows Vista SP1をインストールすると、ファイルの削除が早くなったのがいい感じです。以前は1つのファイルを削除するのに、妙に時間がかかっていたんですよね。

ちょっと気になったのが、Windows Vista の Windows Updateを表示したときの以下の画面です。

Windows Update

「利用可能な更新プログラムを表示します」をクリックすると、Windows Vista SP1が重要な更新プログラムとして表示されていますね。

利用可能な更新プログラム

Windows Vista SP1のWindows Updateによる自動更新は、4月中旬から始まるかと思っていたのですが変わってしまったのでしょうか。それとも、一回インストールに失敗しているため?

米Microsoftは米国時間2008年3月18日,Windows Update(WU)およびダウンロード・センターで「Windows Vista」用サービス・パック「Service Pack(SP)1」の正式版の提供を開始した。対応言語は英語/フランス語/スペイン語/ドイツ語/日本語の5種類。現在は手動ダウンロードのみ可能で,WU経由の自動ダウンロード・サービスは4月中旬に始める。

Microsoft,Windows Updateで「Windows Vista SP1」の手動ダウンロード提供を開始:ITpro

まあ、どちらにせよインストールするつもりだったのでかわまないのですが、企業のシステム管理者の方はご注意ください。

 

■関連エントリー

 

2008/03/26

「P1 Emulator」という高機能なケータイエミュレータがあるらしい

memokami :: 約500機種の携帯端末を網羅するケータイテストエミューレーター「P1 Emulator」を使ってみました

「P1 Emulator」という高機能なケータイテストエミュレーターのレビュー記事です。

スクリーンショット付きなのでとても分かりやすいです。

「P1 Emulator」は3キャリア対応で約500機種に対応しているとのこと。

現在はベータ版のため無料で利用可能なようですが、製品版になった際はどの程度の値段で提供されるのでしょうか。

数万円程度で機能がよければ、ケータイの実機を用意するより効率もいいでしょうし安上がりでしょうね。

うーん。気になりますね。

現時点ではサイトが落ちているようですが、「P1 Emulator」のサイトは以下になります。

http://p1.netfarm.ne.jp/

 

■関連エントリー

 

2008/03/25

ASP.NETでMVCモデルを扱う解説記事

ASP.NET MVC: Web フォームを使用しないで Web アプリケーションを作成する

ASP.NET MVC というものがあり、これを利用するとASP.NETでもMVCモデルを扱うことができるという興味深い記事です。

ASP.NET MVCを使うことで、ASP.NETでも自動テストが可能になるとのこと。

ASP.NET MVC はPreview 2版がリリースされていて、そのソースコードも公開されているようですね。

自分が使うかどうかは分かりませんが、なかなか興味深い技術だと思います。

 

Tags:

2008/03/24

AIRでDRMが使えるようになるらしい

アドビ、Flashビデオにコンテンツ制御を導入:ニュース - CNET Japan

Adobeが「Adobe Flash Media Server」で配信するコンテンツを制御するための「Adobe Flash Media Rights Management Server」をリリースしたとのこと。

このツールを利用すると、動画の閲覧をかなり細かく制御できるようです。

あと、このツールを利用するとAIRでDRMが使えるようになるようですが、Flash Playerに関する記述がないのはなぜなんでしょう?

同社はまた同サーバ向けのAPIもリリースしており、これを利用すると、開発者はデジタル著作権管理(DRM)機能を搭載したAIR(Adobe Integrated Runtime)メディアアプリケーションを書くことができるという。

アドビ、Flashビデオにコンテンツ制御を導入:ニュース - CNET Japan

Flash Playerについては、Adobe Flash Media Server 3の暗号化機能で十分ということでしょうか。

新しいAdobe Flash Media Server 3は、独自プロトコルの「RTMPE」によりFLV動画を暗号化して安全に配信し、「swf検証機能」により不正なクライアントには動画再生できないようになるようです。

あるSEのつぶやき: Adobe Flash Media Server 3はFLVコンテンツ保護機能が強化されたらしい

Silverlight対抗ということならDRM機能も必要だと思うのですが、ちょっと情報が足りないですね。

 

■関連エントリー

 

2008/03/23

Windows Vista SP1 と ZoneAlarmは相性が悪い?

自宅のWindows Vista PCに、先日リリースされた Windows Vista SP1をインストールしたところ、ネットワークに接続できなくなってしまいました。

どうも、「TrueVector Internet Monitor」というドライバがSP1と互換性がないためにうまく動いていないようです。

Windows Vista SP1 エラー画面

「TrueVector Internet Monitor」というのは、個人用途フリーのパーソナルファイアーウォールである「ZoneAlarm」で使われているもののようです。

Windows Vista SP1をインストールすると、他の人も「TrueVector Internet Monitor」で問題が起きているようですね。

とりあえず、SP1をアンインストールしたら元に戻りましたが、ZoneAlarmを使っている方はご注意ください。

 

(2008.3.28追記)

うまくいきました。詳しくは下記エントリーをご確認ください。

 

なお、Windows VistaのWindows Updateでは、以下のようにSP1は表示されました。

Windows Vista SP1

 

■関連エントリー

 

2008/03/21

Windows Server 2008 の仮想化機能「Hyper-V」のリリース候補版が公開になったらしい

Microsoft,サーバー仮想化機能「Hyper-V」のリリース候補版を公開:ITpro

Windows Server 2008の仮想化機能である「Hyper-V」のリリース候補(RC)版が公開されたようです。

最終版のリリースは2008年8月予定とのこと。

Virtual Server や Virtual PC とは異なり、Windows Server 2008の機能として仮想化機能を追加できるというのが興味深いところ。

でも、64bit環境でしか使えない?

Introducing Windows Server 2008 Hyper-V

Windows Server 2008 Hyper-V, the next-generation hypervisor-based server virtualization technology, allows you to make the best use of your server hardware investments by consolidating multiple server roles as separate virtual machines (VMs) running on a single physical machine. With Hyper-V, you can also efficiently run multiple different operating systems—Windows, Linux, and others—in parallel, on a single server, and fully leverage the power of x64 computing.

Windows Server 2008: Virtualization and Server Consolidation

(2008.3.21追記)

とおもったら、32bit版(x86)もあるみたい? via 情報てとりす。さん

 

(2008.3.24追記)

x86版は管理ツール?

Windows Server 2008 用の更新プログラム (KB949219)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=b7464b44-821d-4a7c-9d9c-7d74ec14437c&DisplayLang=ja

このパッケージは以下のアイテムを含みます。

  • x86 版の Windows Server 2008 用 の更新されたバージョンの Hyper-V Manager コンソールと Virtual Machine Connection リモート接続ツール
  • x86 版の Windows Server 2008 用 の更新されたバージョンの Integration Services

※ Integration Services:アーキテクチャ的には違うものですが、わかりやすく解釈すると Virtual PC や Virtual Server でいうところの VMAddition と思ってください。UI 上は日本語に変わっているのですが、ここでは英語のままISについて書いておきます。Integration Components とも言っていた関係でICという表現をすることもあります。

Hiroshi Okunushi's Blog ☆ミ : 【Win2008】 マイクロソフト 仮想テクノロジー Hyper-V の製品候補版 リリース

 

ダウンロードは以下よりどうぞ。

ダウンロードの詳細 : Windows Server 2008 x64 Edition 用の更新プログラム (KB949219)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=ddd94dda-9d31-4e6d-88a0-1939de3e9898

 

Yahoo!の次世代Webメールがいい感じ

Yahoo!の次世代Webメールのベータテストに申し込んでいたのですが、数日前に使えるようになりました。

Flashベースで作成されているので、非常にサクサクと動作するのでとてもいい感じです。

これで、認証以外もSSLで通信できるようになれば、Yahoo!に一本化できるのですが。。。

今は、Yahoo!をメインにしているのですが、SSL通信のためだけにGmailをメーラーとして使っているんですよね。。。

 

Yahoo!次世代Webメール

 

■関連エントリー

 

Tags:

2008/03/19

Windows Vista SP1が提供開始されたらしい

Microsoft,Windows Updateで「Windows Vista SP1」の手動ダウンロード提供を開始:ITpro

Windows Vista SP1が、Windows Updateにて提供開始されたようです。

ただ、自動適用ではなく手動で適用する必要があり、また不具合を起こすドライバがPCに存在している場合はアップデート一覧にSP1が表示されないとのこと。

Windows Updateの自動ダウンロード・サービスは4月中旬から始まるようです。

SP1の提供により、Windows Vistaの普及が加速するでしょうか。

 

Windows版Safariが正式リリース

Safari 3.1がリリース、「読み込み速度はIE7の1.9倍」:ニュース - CNET Japan

Windows版Safariの正式版である、Safari 3.1がリリースされました。

ベータ版では日本語を正しく扱えませんでしたが、Safari 3.1は日本語版ということもあり、ちょっと試したところでは日本語も問題なく扱うことができるようです。

表示速度も速いですし、結構いい感じ。

Mac環境を用意するのは企業だと難しいことが多いのですが、とりあえずの動作確認用としての価値もありそうですね。

ダウンロードは以下よりどうぞ。

アップル - Safari - ダウンロード
http://www.apple.com/jp/safari/download/

 

Safari

 

Tags:

2008/03/17

Open XML SDKのロードマップが公開されているらしい

OpenXML Developer : Microsoft announces Open XML SDK roadmap via ひろえむの日々是勉強さん

Office2007からのファイル形式である「Open XML」を、.NETから操作するための「Open XML SDK」のロードマップが上記サイトで公開されています。

2008年5月にバージョン1.0がリリースされるようですね。

これはちょっと楽しみです。

 

Open XML SDK ロードマップ
OpenXML Developer : Microsoft announces Open XML SDK roadmap 』より

 

Tags: ,

Excel2007のグラフで塗りつぶしパターンを使用できるようにするアドイン

http://officeblogs.net/excel/PatternUI.zip via みゃうのリカバリーをする前にさん

Excel2007からは、ユーザがグラフの塗りつぶしパターンの設定を行うことができなくなっています。

   #マクロは設定可能らしい。

これは結構不便だったのですが、グラフの塗りつぶしパターンの設定を行うことができるアドインが登場したようです。

ライセンスなどは不明なのですが、これは結構便利かも。

 

Tags:

2008/03/14

XPath日本語チートシートがいい感じ

XPath使いのための日本語チートシート

XPathの日本語チートシートがいい感じです。

これは覚えておきたいですね。

 

XPath日本語チートシート

 

Tags: ,

2008/03/13

Taffy DB - JavaScriptデータベースライブラリ

Taffy DB : A JavaScript database for your browser

久しぶりに心惹かれるライブラリが登場しました。

「Taffy DB」はJavaScriptデータベースライブラリで、JSON形式でデータ管理するとのこと。

しかも、下記にあるようにライブラリのサイズが10KB未満の上、動作が早く、更新やソートもできるようです。

# Under 10K!
# Simple, JavaScript Centric Syntax
# Fast
# Easy to include in any web application
# Compatible with major Ajax libraries: YUI, JQuery, Dojo, Prototype, EXT, etc
# CRUD Interface (Create, Read, Update, Delete)
# Sorting
# Looping
# Advanced Queries

まだ試してはいないのですが、これは覚えておいて将来活用したいライブラリですね。

なお、ライセンスはBSD Licenseになっています。

 

■参考サイト

 

jsref.chm - HTMLヘルプ形式のJavaScriptリファレンス

HTMLヘルプ形式のJavaScriptリファレンス「jsref.chm」を公開した。 - こせきの技術日記 via オレンジニュースさん

MozillaのJavaScriptドキュメントとECMA Scriptの言語仕様が、CHMのHTMLヘルプ形式で公開されています。

含まれているドキュメントは以下の通りです。

HTMLヘルプ形式のJavaScriptリファレンス「jsref.chm」を公開した。 - こせきの技術日記

これはすばらしい!

普段は以下のサイトを便利に使わせていただいていますが、ネットワークの調子が悪いと参照できないこともあるのでとても助かります。

 

jsref.chm

 

2008/03/11

IE8のVirtual PCディスクイメージが無償ダウンロード可能らしい

Download details: IE App Compat VHD via ひろえむの日々是勉強さん

上記サイトより、IE8のVirtual PCディスクイメージを無償ダウンロード可能です。

英語版のみですし、現在の有効期限は2008/07/03になっていますが、IE6/IE7/IE8の動作確認環境を無償で入手できる価値は大きいですね。

Virtual PC本体のダウンロードは以下よりどうぞ。

ダウンロードの詳細 : Virtual PC 2007
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=04D26402-3199-48A3-AFA2-2DC0B40A73B6

 

Tags:

asahi.comがSilverlightで動画配信しているらしい

AOLがWebメールをSilverlightベースに,MIX08で明かされた次世代RIA基盤の姿:ITpro

この記事はSilverlightに関する興味深い内容でした。

まず、GyaoがSilverlightを採用することに触れた上で、asahi.comがSilverlightで高画質のニュース動画配信をしていることを伝えています。

また、AOLがSilverlight版Webメールを構築したことも紹介されています。

現在のSilverlight2.0ベータ版では、DRMは実現していないとのことです。

これはサーバ側の「PlayReady」が完成していないためのようですが、北京オリンピック(8月)までにはDRMも対応される見込みとのこと。

意外なところから、Silverlightが活用され始めていますね。

 

■関連エントリー

 

Windows Server 2008のステップバイステップガイドが公開されているらしい

Windows Server 2008 Step-by-Step Guides via ひろえむの日々是勉強さん

Windows Server 2008のステップバイステップガイドが公開されているようです。

但し、英語のみですが。

早めにWindows Server 2008に取り組みたい方には有用かと。

上記サイトはWord文書のダウンロードですが、下記サイトではWebで閲覧可能です。

 

2008/03/07

IPAが「安全なウェブサイトの作り方」を改訂したらしい

「安全なウェブサイトの作り方 改訂第3版」を公開--IPA/ISEC:ニュース - CNET Japan

Webアプリケーション構築時には必須資料だと思われる、IPAの「安全なウェブサイトの作り方」が改訂されたようです。

改訂の内容は以下の通り。

今回の改訂第3版では、実践的な脆弱性対策の普及促進のため、ウェブサイトに関する届出の約7割を占めているSQLインジェクションとクロスサイト・スクリプティングの脆弱性に関して、具体的な8つの「失敗例」を第3章として追加しました。
 また、第1章に「アクセス制御や認可制御の欠落」に関する根本的解決策を新たな節として追加しました。
 本資料で取り上げている内容は、ウェブサイトに関する届出件数の約9割を網羅しています。

情報処理推進機構:セキュリティセンター:脆弱性関連情報取扱い:安全なウェブサイトの作り方

勘違いによる失敗例もありがたいですが、届け出件数の9割をサポートしているのがすごいですね。

ダウンロードは以下よりどうぞ。

 

情報処理推進機構:セキュリティセンター:脆弱性関連情報取扱い:安全なウェブサイトの作り方
http://www.ipa.go.jp/security/vuln/websecurity.html

 

Silverlight 2のベータ版ついに登場

米MicrosoftがSilverlight 2のベータ版をリリース:ITpro

Silverlight 2のベータ版がついに登場しました。

Sivlerlightのサイトからダウンロード可能です。

あわせてVisual Studio 2008用のアドオンも公開されています。

Silvelight 2になってSilvelightはその本領を発揮していくと思いますが、どのような影響をインターネットに与えていくか楽しみですね。

 

Silverlight
http://silverlight.net/default.aspx

Microsoft Silverlight: Light Up the Web <- Silverling 2 Beta1ダウンロード
http://www.microsoft.com/silverlight/resources/installationFiles.aspx?v=2.0

Download details: Silverlight Tools for VS2008
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=E0BAE58E-9C0B-4090-A1DB-F134D9F095FD&displaylang=en

 

(2008.3.11追記)

SDKやドキュメントも公開されたようです。

 

■関連エントリー

 

2008/03/06

IE8のベータ版がリリースされたらしい

Internet Explorer 8 Beta: Home Page via IEBlog

IE8のベータ版がついに公開されました。

ちょっと意外(?)だったのですが、ITproが詳しくIE8について解説しています。

情報からすると、IE8の興味深い機能はこんな感じでしょうか?

  • レンダリング・JavaScript実行速度向上
  • Web標準への準拠を強化
  • IE7モードに変更して動作する機能
  • 「WebSlices」というページの情報を切り取って保存する機能
  • HTML5対応  ← これはびっくり

おもしろくなってきましたね。

 

■関連サイト

 

■関連エントリー

 

Tags:

.NET Frameworkのダウンロードまとめページ

.NET Framework Developer Center: ダウンロード via おぎわら@.NET道場 Blog(わんくま編)さん

Microsoftの上記ページにて、複数の.NET Frameworkのダウンロードページへのリンクがまとめられています。

日本語Language Packは、各.NET Frameworkのダウンロードページの中にリンクがあるようですね。

今まで、ダウンロードセンターで検索していたので、これはとっても便利です。

 

Tags:

2008/03/05

SQL Server 2008のデータ圧縮機能はEnterprise版のみらしい

SQL Server最新プレビュー公開、「いずれ使うなら早いほうがよい」とMS - @IT

SQL Server 2008で気になっているのが、データ圧縮機能です。

ストレージサイズ圧縮だけでなく、クエリのパフォーマンスも向上する模様。

圧縮方法は以下のようになってます。

SQL Server 2008は主に2つのデータ圧縮方法を用意している。1つは一般的な「行(ROW)圧縮」。もう1つが斎藤氏がSQL Server 2008の特徴に挙げる「ページ(PAGE)圧縮」。ページ単位で重複しているパターンを抽出し、ページのヘッダ部分にまとめることができる。データベースの種類によっては大きなデータ圧縮が可能になる。さらに詳細なレベルで重複パターンを抽出する方法を組み合わせると、最大で7倍の圧縮率になるという。一般的なワークロードでは平均3倍の圧縮率になるとしている。

SQL Server最新プレビュー公開、「いずれ使うなら早いほうがよい」とMS - @IT

記事の末尾にSQL Server 2008のエディション別の機能があったのですが、データ圧縮機能はEnterprise版のみにしかないようです。

まあ、当たり前といえば当たり前なのですが、ちょっと残念。

 

■関連エントリー

 

.NET FrameworkのバージョンとOSの対応表

.NET Framework のサポート概要 via おぎわら@.NET道場 Blog(わんくま編)さん

.NET FrameworkのバージョンとOSの対応表が、Microsoftのサイトにて公開されています。

システムの技術選定の際に重宝しそうですね。

 

.NET Framework OS対応表
『.NET Framework のサポート概要』より

 

Tags:

IE8がWeb標準準拠モードで動作するように方針転換するらしい

マイクロソフト、IE8で方針転換--ウェブ標準準拠モードをデフォルトに:ニュース - ZDNet Japan via Out of Memoryさん

先日、IE8は3つの動作モードがあり、デフォルトでは互換モードで動作することをお伝えしましたが、Microsoftが一転、IE8のデフォルト動作モードをWeb標準準拠モードに変更することを発表したようです。

方針転換の理由は、潜在的な法的リスクの回避のようですね。

うれしい反面、IE8が普及するまでの間が面倒かもと思ってみたりして。。。

 

■関連エントリー

 

Tags:

2008/03/04

ATOKがいい感じ

ATOK 2008 for Windows

最近、IMEの誤変換のためにストレスが非常に大きくなっていたのですが、ATOKを使用するようになってストレスが激減しました。

ATOKの変換精度がいいかどうかはよく分からないのですが、変換も速いですし、普通の感覚で使用できるのがとてもいい感じです。

また、IMEに登録していた辞書も引き継げますし、同時使用をしなければ自宅と職場のPCにインストールできるライセンスになっています。

6,000円程度でこれだけストレスがなくなるなら、もっと早く使い始めていればよかったです。

ATOKに興味がある方は、まずは体験版を試すとよいかと思います。

 

■参考サイト

 

2008/03/03

.NET Framework 3.5対応のAJAX Control Toolkitがリリースされたらしい

CodeZine:.NET Framework 3.5にも完全対応、AJAX Control Toolkit最新版リリース(ASP.NET)

.NET Framework 3.5対応のAJAX Control Toolkitがリリースされたとのこと。

というか、今まで対応していなかったことに気がついていませんでした。

.NET Framework2.0/Visual Studio 2005用と、.NET Framework3.5/Visual Studio 2008用があるんですね。

ダウンロードは以下より可能です。

AJAX Control Toolkit - Release: 20229
http://www.codeplex.com/AtlasControlToolkit/Release/ProjectReleases.aspx?ReleaseId=11121

 

BugTracker.NET - .NETベースのバクトラッキングシステム

オープンソースのバグトラッキング・ツール「BugTracker.NET」を使う - @IT

BugTracker.NETは、.NETベースのBTS(Bug Tracking System)です。

動作環境は、ASP.NET2.0 + IIS + SQL Server(Express可)で、ライセンスはGPLライセンスになります。

メールによる通知機能やファイルを添付する機能もあるようなので、基本的なバグ管理はできるようですね。

以下にデモも用意されているので試すこともできます。IDとパスワードはともに guest になります。

今までBTSというと、LinuxベースでMySQLを使用するものが多かったのですが、小規模な企業内での開発で結構使えそうですね。

なお、BugTracker.NETは、以下よりダウンロード可能です。

SourceForge.net: BugTracker.NET

 

BugTracker.NET

 

■関連エントリー

 

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから