2008/03/24

AIRでDRMが使えるようになるらしい


アドビ、Flashビデオにコンテンツ制御を導入:ニュース - CNET Japan

Adobeが「Adobe Flash Media Server」で配信するコンテンツを制御するための「Adobe Flash Media Rights Management Server」をリリースしたとのこと。

このツールを利用すると、動画の閲覧をかなり細かく制御できるようです。

あと、このツールを利用するとAIRでDRMが使えるようになるようですが、Flash Playerに関する記述がないのはなぜなんでしょう?

同社はまた同サーバ向けのAPIもリリースしており、これを利用すると、開発者はデジタル著作権管理(DRM)機能を搭載したAIR(Adobe Integrated Runtime)メディアアプリケーションを書くことができるという。

アドビ、Flashビデオにコンテンツ制御を導入:ニュース - CNET Japan

Flash Playerについては、Adobe Flash Media Server 3の暗号化機能で十分ということでしょうか。

新しいAdobe Flash Media Server 3は、独自プロトコルの「RTMPE」によりFLV動画を暗号化して安全に配信し、「swf検証機能」により不正なクライアントには動画再生できないようになるようです。

あるSEのつぶやき: Adobe Flash Media Server 3はFLVコンテンツ保護機能が強化されたらしい

Silverlight対抗ということならDRM機能も必要だと思うのですが、ちょっと情報が足りないですね。

 

■関連エントリー

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

it is good news. delicious
can i add that function to flash palyer too?

Hi, kiseok,

Thanks for your comment.

>can i add that function to flash palyer too?

I don't know whether flash player has this function...

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから