2008/03/29

1台のPCで複数バージョンのIEを動かす「IETester」を試してみました


概要

My DebugBar | IETester / HomePage

1台のPCで、IE5.5/IE6/IE7/IE8 beta1を動作させることができる「IETester」を試してみました。

まだアルファ版のようですが、Windows XP + IE7 と Windows Vista の環境で動作させたところ大きな問題はありませんでした。

ただ、Windows XP + IE6 の環境だと問題があるようですね。

Minimum requirement : Windows Vista or Windows XP with IE7 (Windows XP with IE6 has some minor problems and IE7/IE8 instances do not work under this config)

IETesterのサイトによると既知の不具合として、以下のものがあるようです。

  • リサイズ時に画面の内容が消えてしまう
  • 次へ/戻るボタンが正しく動作しない
  • フォーカスがうまく動作しない

ちょっと気になった部分もありますが、まだアルファ版だからしかたないですかね。

でも、IE8の動作確認環境が簡単にできることや、複数バージョンのIEを扱えることを考えると、デザインチェックや簡単な動作確認には十分使えるのではないでしょうか。

今後のバージョンアップに期待です。

せっかくなので、いくつか機能紹介をしたいと思います。

IETesterの機能


画面スナップショット

IETesterは、Microsoft Office 2007で採用されているリボンインターフェースで作成されていて、画面スタイルの変更もできます。

画面のタブ表示も対応しているので便利ですね。

 IETester

IEのバージョン指定方法

New Tab メニューから、IEのバージョンを選択すると、指定のIEのバージョンで動作するタブが表示されます。

 IEのバージョン指定方法

IEのバージョン確認方法

表示したIEのバージョンは、タブに大きく数字が書いてあります。

 IEのバージョン確認方法

画面並列表示

タブを画面内にドラッグすると、複数のタブを並べて表示することができます。これは便利ですね。

画面並列表示

その他

IETesterは、なかなか便利なツールですね。

あと、同様のツールとしては「Multiple IE」というものもあります。

こちらは、IE3~IE7までをスタンドアロンとして実行可能な便利ツールです。

残念ながら、現在のことろWindows XPでしか動作しませんが、かなり重宝しています。 

参考サイト


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから