2008/01/27

IE8はデフォルトではWeb標準モードで動作しないらしい


先日、IE8がWeb標準状況を調べるもっとも厳しいテストであるAcid 2を通過したというニュースがありましたが、IE8はデフォルトでは互換モードで動作するようです。

IE8では、以下の3つのモードで動作可能で、Web標準に対応するモードで動作させるには<meta>タグで指定が必要とのこと。

  • quirksモード ・・・ IE6以前のモード
  • standardsモード ・・・ IE7ベースのモード
  • 新standardsモード ・・・ IE8のAcid 2をパスしたモード

Web標準に準拠するのではなく下位互換性を優先させたことは、いろいろ批判があるでしょうが、まあ現状からするとしかたない気もします。

IISのシェアが伸びているということは、ASP.NETで構築されたアプリケーションが増えているということだと思います。

Web標準を厳密に適用してASP.NETで構築されたアプリケーションのレイアウトが大幅に崩れてしまったら、それこそ大変なことになるでしょうし。

まあ、Microsoftも苦しいところですね。

 

■関連エントリー

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから