2007/12/12

プロバイダがWebサイトのHTMLにメッセージを挿入する手法があるらしい


HTTPコネクションにISPがメッセージを挿入(Rauru Blog)

Rogersというカナダの大手プロバイダが、ユーザに警告メッセージを伝えるために、HTTPのコネクションを解析してHTMLに警告メッセージを挿入しているそうです。

記事にスナップショットもあります。

これは強力かつ新しいですね。

まあ、自分が使っているプロバイダがこんなことを始めたらイヤですが。。。

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから