2007/12/12

プロバイダがWebサイトのHTMLにメッセージを挿入する手法があるらしい


HTTPコネクションにISPがメッセージを挿入(Rauru Blog)

Rogersというカナダの大手プロバイダが、ユーザに警告メッセージを伝えるために、HTTPのコネクションを解析してHTMLに警告メッセージを挿入しているそうです。

記事にスナップショットもあります。

これは強力かつ新しいですね。

まあ、自分が使っているプロバイダがこんなことを始めたらイヤですが。。。

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール